トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 教育心理学
   Educational Psychology
授業科目区分
教職課程科目・教職に関する科目
担当者 笹井 惠子(准教授)
グレード
テーマ 「人に何かを教える」ということテーマに、「教えるべき内容」や「教える方法」「教える対象に合わせた関わり方」に関する知識を伝える。
キーワード 教職,教育心理学,発達心理学,学習心理学,認知心理学,性格心理学,臨床心理学,社会心理学,コミュニケーション,ピア・サポート
開講年度
2017
開講時期
通年
配当年次
経済学部・法学部2・3・4
単位数
4

授業の目的及び概要 広く教育に関わる以下の心理学的知見を中心に取り扱います。

①記憶や知識の構造を学ぶ認知心理学

②「なぜ分からないのか」「なぜやる気が起こらないのか」といった学習における心理過程について学ぶ学習心理学

③知性や感情の変化、人間の成長発達について学ぶ発達心理学

④個々の生徒の特性についての理解を深めることを学ぶパーソナリティ心理学

⑤学級経営や人間関係、ピア・サポートについて学ぶ社会心理学

⑥生徒の心の悩みやカウンセリング、特別支援について学ぶ臨床心理学
履修条件 授業に資料は、毎回、It's classからプリントアウトし、授業に持参してください。

毎回の授業後に、振り返りとして課題(リフレクションペーパー)が出ますので、必ず、期限を守って提出してください。


提出してもらったリフレクションペーパーは、授業内で発表します。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 教職課程科目・教職に関する科目
学修の到達目標 ①学びの特性に応じた教育方法はどのようなものかを知る。

②さまざまな個に応じた適切な人間関係を形成する力をつける。

③生徒の適応を援助する教師の特性を知る。

④授業で得られた知見を教育の実践で活かすための基礎となる力を得る。

⑤課題やディスカッションを通じて,自分の意見を述べることができる。
授業の方法 授業前
 資料は各自It's classよりプリントアウトし持参

授業の流れ

 ①前回のリフレクション(優秀作品の発表・質問)へのフィーバック
 ②解説(パワーポイントによる解説をしつつ、常に対話形式で進める)
 ③視覚教材の提供・グループワーク・ジグソー学習
 ④ディスカッション
 ⑤まとめ

 *資料は穴埋め形式になっていますが,キーワードを余白に埋めるだけでなく、自分なりのメモをとって,独自のノート作りを心がけてください。

授業外の学修(予習・復習等) 授業後に復習として、毎回、授業内容に関する振り返り(リフレクションペーパー)の提出があります。
テキスト・参考書 レジュメを提供します。
成績評価の基準・方法 授業内発表20%、レポート40%、リフレクションペーパー40%
履修上の注意事項など 授業の資料は、毎回、It's  classからプリントアウトをして持参してください。
この科目の履修にあたって 問題意識を持って、主体的に授業に臨んでください。

分からないことがあった時は、必ず、質問してください。
オフィスアワー 水 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、メンタル支援


第1回 学校と社会の現状Ⅰ

学校の現状について知る。

第2回 学校と社会の現状Ⅱ

生徒の生活の現状について知る。

第3回 学校と社会現状Ⅲ

教師の世界について知る。

第4回 生徒との関わりを深めるスキルⅠ

ピア・サポート理論より傾聴スキルを学ぶ。

第5回 生徒との関わりを深めるスキルⅡ

ピア・サポート理論より問題解決スキルを習得する。

第6回 生徒との関わりを深めるスキルⅢ

ピア・サポート理論より対立解消法(メディエーション)を習得する。

第7回 発達を捉えるスキルⅠ

発達と教育の関係を学ぶ。

第8回 発達を捉えるスキルⅡ

発達のプロセスを知る。

第9回 発達を捉えるスキルⅢ

発達障がいを抱える生徒の特徴と関わり方についてを学ぶ。

第10回 発達を捉えるスキルⅣ

障がいのある生徒への対応について学ぶ。

第11回 効果的な授業をするスキルⅠ

学習理論を学び、学習指導のポイントを習得する。

第12回 効果的な授業をするスキルⅡ

記憶のメカニズムを知り、効果的な知識の獲得法を習得する。

第13回 効果的な授業をするスキルⅣ

動機と欲求について学び、やる気を高めさせる方法を知る。

第14回 効果的な授業をするスキルⅤ

学習指導と教育工学を学ぶ。

第15回 発表

「効果的な授業」をテーマに教材についての発表。

第16回 適切な評価をするスキルⅠ

さまざまな評価を知り、評価をする時のポイントを習得する。

第17回 適切な評価をするスキルⅡ

生徒指導と評価について学ぶ。

第18回 学級をまとめるスキルⅠ

学級の心理、集団とリーダーシップについて学ぶ。

第19回 学級をまとめるスキルⅡ

性格形成や性格理論から、個性を把握するスキルを身につける。

第20回 生徒の心の問題に対処するスキルⅠ

いじめの構造、取組みについて知る。

第21回 生徒の心の問題に対処するスキルⅡ

いじめの具体的取組みについて学ぶ。

第22回 生徒の心の問題に対処するスキルⅢ

不登校の定義や取り組みについて知る。

第23回 生徒の心の問題に対処するスキルⅣ

不登校のシグナルに気づくことのできるよう、具体的取り組みについて学ぶ。

第24回 生徒の心の問題に対処するスキルⅤ

非行や学校荒れについて知る。

第25回 生徒の心の問題に対処するスキルⅥ

非行や学校荒れについての具体的取組みについて学ぶ。

第26回 生徒の心の問題に対処するスキルⅦ

虐待について学ぶ。

第27回 生徒の心の問題に対処するスキルⅧ

ストレス理解し、ストレスを抱えた生徒との関わり方を身につける。

第28回 生徒の心の問題に対処するスキルⅨ

心の病について理解し、心の病を抱えた生徒との関わり方を身につける。

第29回 生徒の心の問題に対処するスキⅩ

カウンセリング・心理療法について学ぶ。

第30回 まとめ

「問題を関える生徒への関わり」をテーマに発表。