トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 キャリア開発A
   Career Development A
授業科目区分
共通教育科目・基礎科目
担当者 山路 崇正(准教授),大野 勝好(講師),太田 結花(講師),笠田 真由美(講師)
グレード G1
テーマ 将来を見据えた学生生活の設計
キーワード 社会と企業,企業と労働,職業と仕事,キャリアデザイン
開講年度
2017
開講時期
配当年次
経済学部・法学部1
単位数
2

授業の目的及び概要 キャリア開発Aは、キャリア開発Bとともに、卒業後の仕事と生活のありかた(=キャリア)を考える科目です。
 皆さんは将来、自分を生かせる仕事がしたい、外国で仕事を見つけて生活したいなど、将来の人生についての夢や希望を持っていることでしょう。大学生活では、その夢をより具体的なものにし、そしてそれを実現するために大学でどのような力を養成しなければならないのかを考えることが大切です。「キャリア」とは、「個人の生涯にわたる職業と仕事に関する心構えとその活動」を、つまり「個人の生涯にわたる仕事に関わる生き方」を意味します。大学における「キャリア開発」とは、卒業後の職業と仕事を考え、その実現に必要な能力を養成し、開発することです。
 キャリア開発Aでは、キャリアデザインについて考える準備をします。このとき大切なことは、第1に、今、社会はどのようになっていて、今後どのように変化するのかを考えること、すなわち社会に対する理解。第2に、産業や企業のあり方とその変化、すなわち産業と企業についての理解、そして第3に、それらの中で人々の働き方はどのようになっているのかをしっかり理解すること、つまり労働についての理解です。キャリア開発Aではこれらのことをじっくり考えます。

授業のレベルは入門レベルです。

就業力育成の観点から、キャリア開発では、社会が求める人材像についての知識理解、能力開発、態度醸成を実践します。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 卒業後の仕事と生活のありかた(=キャリア)を考える入門的な科目です。
学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
学修の到達目標 キャリア開発Aの目標は以下のとおりです。
①現代社会における企業経営とその中での労働のありようを知り、表現できる。
②今の社会でどのような職業と仕事があるのか、その一端を知り、表現できる。
③読み書きの基礎的能力を高める。
④インターネットの活用方法を知り、実際に活用する。
⑤予習復習をこなし、学習習慣をつける。  
授業の方法 授業の方法は、下記を組み合わせて実施します。
①ICTやビデオ教材、テキストを活用した授業
②グループワークやディスカッションの実施
③毎回の授業で書くコメントシートの提出
④先輩やOB・OG等外部講師を招聘しての講演

提出されたレポートは採点して返却します。
授業外の学修(予習・復習等) 授業外の学修は、下記を考えています。
①web(IT's class等)で配付するレジュメ資料を事前に準備する
②上記①の資料を読み予習する
③授業終了後、当日の内容を復習する
テキスト・参考書 特になし。
必要に応じて授業中に案内します。
成績評価の基準・方法 期末や講義途中のレポート、小テスト、グループワークへの参加度などを下記割合で総合的に評価します。
(1)課題レポート・小テスト:70%
(2)学習態度・取組姿勢(グループワークへの参加度など):30%
履修上の注意事項など 講義には毎回しっかり出席することが大切です。予習復習もおこない、学習習慣を身につけてください。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 山路 崇正
木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、レポート作成支援、キャリアと進路


第1回 ガイダンス

講義のガイダンス
※受講生の状況に応じて臨機応変に対応するなかで以下の授業計画は変更する場合があります

第2回 社会と企業、企業と労働を考える①

社会と企業、企業と労働を考えるについての講義

第3回 社会と企業、企業と労働を考える②

社会と企業、企業と労働を考えるについてのグループワーク

第4回 社会と企業、企業と労働を考える③

社会と企業、企業と労働を考えるについてのグループワーク

第5回 社会と企業、企業と労働を考える④

グループワークの成果発表

第6回 社会と企業、企業と労働を考える⑤

小レポートの作成

第7回 いろいろな職業と仕事①

いろいろな職業と仕事についての講義

第8回 いろいろな職業と仕事②

ゲスト講師による講義と質疑、感想文の作成

第9回 いろいろな職業と仕事③

ゲスト講師による講義と質疑、感想文の作成

第10回 いろいろな職業と仕事④

小レポートの作成

第11回 労働とは何か①

労働とは何かについての講義

第12回 労働とは何か②

労働とは何かについてのグループワーク

第13回 労働とは何か③

労働とは何かについてのグループワーク

第14回 労働とは何か④

グループワークの成果発表

第15回 まとめ

まとめのレポート