トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ICT特別演習ⅠB
   Advanced ICT Seminar ⅠB
授業科目区分
専門教育科目:アドバンスド演習・特別演習
担当者 宮崎 裕(教授)
グレード G2
テーマ 表計算マクロを用いたプログラミングの基礎(続)
キーワード 表計算ソフト,マクロ,アルゴリズム,作業の自動化
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 ICT特別演習全体の基本テーマはICT(情報通信技術)の高度な知識と技能の習得である. 計2年(4学期)にわたるICT特別演習全体を通して, 現代社会を支える情報通信技術の本質を理解しそれを運用・活用できる能力を身につけることを目的とする. 本演習では身近にある表計算ソフトのマクロ機能を用いて業務自動化プログラムの作り方を基礎から学習し, あわせてプログラムを組みそれを読み込ませて計算機を動かすことの意味と, 個々の問題を解くためのアルゴリズムについても理解を深める. 将来IT系企業や一般企業のIT部門で働きたいという希望を持つ学生にとっては, これらの体験が必ず役に立つであろう. またICTとは直接かかわりのない分野に就職しようとする学生にとっても, 作業の効率化手法を会得していることは有利にはたらくことであろう.
履修条件 当演習はICT特別プログラムにおける最初の演習として位置づけられており, 情報分野におけるある程度の知識や技能, 興味・関心を有する者を対象としている. したがって募集時に選抜を行う. またこの「ICT特別演習IB」と「ICT特別演習IIB」は同時履修科目である.
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 表計算ソフトのいちおうの使い方がわかる学生を対象として, 表計算マクロのしくみと動かし方を理解し, 実際に表計算ソフトによる大量のデータ処理作業を自動化するマクロを組んで作業の効率化ができるようになることをめざす.
学修の到達目標 - 表計算マクロのしくみと動作が理解できる.
- 問題を解くためのアルゴリズムを理解し, それをマクロで実現できる.
- 実際に適切なマクロを組んで作業の自動化ができる.
授業の方法 授業中は一人1台PCを用い, テキストやその他資料に従って表計算ソフトを操作することにより, 表計算マクロの各項目を体験的に学習する. また表計算ソフトやプログラミングに関する重要概念については, 学生の発表を通じてプレゼン技術の鍛錬と定着を促す.
授業外の学修(予習・復習等) 授業で取り上げた内容に関して, それらを利用したレポート課題(プログラム作成と実行結果レポート)を課すことがある. 八尾・花岡キャンパスの図書館や八尾キャンパス5FのPC教室には充実した計算機環境が整っており, 授業時間外にもそれを活用し学修した各項目の定着に努めてほしい. またICT特別演習の受講者は自分のPCを用意し, それを実際に利用する中で計算機に多く触れながら情報通信関連の知識・技術の修得に努めてほしい.
テキスト・参考書 未定. 授業時に指示する.
成績評価の基準・方法 コメントシート(20%) + 発表点(30%) + レポート・提出物の評価(50%) で評価する。
またITパスポート, MOS各資格, 基本情報技術者試験への合格も評価に加味する.
履修上の注意事項など まったくプログラミングをやったことがない学生にとっても, この表計算マクロを用いたプログラミングは取り掛かりやすいと思われる. この演習を履修することによりプログラミングの面白さに惹かれた学生は是非, C言語やJavaを用いた本格的なプログラミングにも挑戦してほしい.
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 火 13:00~14:00 花岡コモンズ 数学の基礎、英語の基礎


第1回 プロシージャ

今学期の目標レポートの作成・提出, 引数の意味, 引数の宣言

第2回 イベント (1)

イベントとは?

第3回 イベント (2)

ブックのイベント, シートのイベント

第4回 ステートメント

Select Case, Do … Loop, For … Each

第5回 関数

よく使う関数

第6回 エラーへの対処 (1)

On Error Goto

第7回 エラーへの対処 (2)

On Error Resume Next

第8回 APIとOLEオートメーション (1)

OLEオートメーションの概念

第9回 APIとOLEオートメーション (2)

OLEオートメーションの使い方, OLEオートメーションの注意点

第10回 変数と配列

静的変数, 動的変数

第11回 レジストリの操作 (1)

レジストリの概念, レジストリの操作

第12回 レジストリの操作 (2)

レジストリ操作の注意点

第13回 ファイルの操作

テキストファイルの操作, ファイルのコピーと移動

第14回 ユーザーフォームとメニューの操作

ユーザーフォームの操作, コントロールの操作

第15回 まとめと評価

今学期のまとめ, 省察レポートの作成・提出