トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 公務員特別演習ⅢA(行政職クラス)
   Civil Service Career's Seminar ⅢA
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 藤島 光雄(教授),大久保 紀彦(准教授)
グレード G3
テーマ 今、行政が直面している課題について考えよう
キーワード 公務員行政職,公務員の仕事,行政が直面する課題,行政手法
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4春
単位数
2

授業の目的及び概要 いま、行政が直面している種々の課題について、その現状と課題、今後の対応策について調査研究し、課題解決策を探る。
特に各自が志望する国や自治体などを調査し、行政が果たすべき役割について考察する。進路についての個別相談を行う
履修条件 公務員コースの履修モデルで示された科目を履修していることが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 専門的知識を発展させるとともに、他者と協調、協働して課題解決策を考える能力を修得する。社会人としての心得を修得するとともに、進路に関する専門的知識を拡充する。
学修の到達目標 公務員行政職採用試験に向けて、公務員になるために必要な心構え、知識、論理的思考力、表現力等を身につける。
志望する国や自治体に関する行政課題を把握し、課題解決能力を養う。
①国及び自治体の行政職を目指し、実際に公務員試験を受験する予定の学生を対象とする。
②公務員特別演習Ⅰ・Ⅱで培った素養を発展させ、公務員に必要な知識と能力を活用し、より実践的な事例研究を行う。
授業の方法 ①受講生自らが学習計画を立て、目標に向かって必要な調査・研究を行う。
②受講生による課題の発見とその調査報告、それに対する意見交換を行う。適宜教員からコメントによるフィードバックを行うなどの指導を行う。
③新聞記事の読解や時事問題に関するグループ討論等も行う。
④学外での取り組みも実施する。
授業外の学修(予習・復習等) 各テーマについて、事前に調査し、発表できるようにまとめておくこと。
発表後は、指摘された事項については、修正・再調査等を行い、まとめておくこと。
テキスト・参考書 「公務員ナビブック」その他、必要に応じて、授業中に紹介する。
成績評価の基準・方法 出席を前提とし、各テーマについての報告・小論文をはじめ、授業への参加の度合いを総合的に判断して、評価する。
コメントシート等40%、レポート60%
履修上の注意事項など 選考、クラス分けを行う。
この科目の履修にあたって 新聞紙上等で、行政の直面する課題、行政に何が求められているか等について、興味や関心を持ち、自分なりの考えを持とう。
オフィスアワー 藤島 光雄
金 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) レポート作成支援、公務員試験対策、大学院進学(公法系)

大久保 紀彦
火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、その他(自己PR作成支援など)(勉強の方法、ノートの作り方、授業の受け方、宅地建物取引士資格)


第1回 公務員の仕事に関する心構え

ガイダンス
事前に提出した志望理由書をもとに、これからの授業での取り組みについて説明する。

第2回 学習計画を立てる

各自の春学期の計画(週間・月間計画)を立てる。
全体でのテーマとして、『地方消滅ー東京―極集中が招く人口急減ー』を読み、意見交換を行う。

第3回 地方消滅ー東京―極集中が招く人口急減ー①

今、自治体は何をすべきかについて、考察する。
序説 人口急減社会への警鐘
第1章 極点社会の到来

第4回 地方消滅ー東京―極集中が招く人口急減ー②

第2章 求められる国家戦略
第3章 東京―極集中に歯止めをかける

第5回 地方消滅ー東京―極集中が招く人口急減ー③

第4章 国民の希望をかなえる―少子化対策
第5章 未来日本の縮図、北海道の地域戦略

第6回 地方消滅ー東京―極集中が招く人口急減ー④

第6章 地域が活きる6モデル

第7回 地方消滅ー東京―極集中が招く人口急減ー⑤

まとめ
日本の選択、地域の選択

第8回 いま、行政が直面する諸問題①

自分の関心のあるテーマを選び、公務員の仕事という観点から考察し、発表をもとに、意見交換を行う。

第9回 いま、行政が直面する諸問題②

現役の公務員を招き、自治体の抱える課題、地域の課題について、意見交換を行う。

第10回 いま、行政が直面する諸問題③

提起されたそれぞれの課題について、各自の志望する職種や自治体の抱える課題について調査し、課題解決策を小論文にまとめる。

第11回 いま、行政が直面する諸問題④

マイナンバー対策について、小論文をもとに報告し、グループ討論を行う。

第12回 いま、行政が直面する諸問題⑤

ゴミ屋敷対策について、小論文をもとに報告し、グループ討論を行う。

第13回 いま、行政が直面する諸問題⑥

コンプライアンスについて、小論文をもとに報告し、グループ討論を行う。

第14回 いま、行政が直面する諸問題⑦

これまでの議論を踏まえて、小論文の書き直しを行い、自分の意見をまとめる。

第15回 まとめ

これまでの学習を振り返り、志望する自治体等の課題等について、調査・報告・考察してきたことを文章にまとめる。
個別面談を行う。