トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 公務員特別演習ⅠA(行政職クラス)
   Civil Service Career's Seminar ⅠA
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 乾 順子(准教授),漆畑 貴久(客員准教授),藤島 光雄(教授)
グレード G2
テーマ 現代の公務労働の意義を考える
キーワード 公務労働,自治体問題,仕事,家族,ワーク・ライフ・バランス,18才選挙権,国会の仕組み,憲法の論点,税制,学びの方法
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 公務労働の意義を認識し、公務員に求められる基礎的な素養を身につける。
演習、文献精読を行い、現代の日本における諸課題を理解し、発表し、討論する。
合同授業も実施予定。
履修条件 公務員行政職を志望していること。
課題に真剣に取り組む意欲があること。
科目の位置づけ(DPとの関連) 春・秋学期を通して公務員に必要な基礎的素養を身につける演習になる。3年次の公務員特別演習ⅡA・Bへの橋渡しの役割をはたす。
学修の到達目標 一般行政職(市役所事務職など)の公務員には何が求められるかが理解できる。公務労働の基本について学ぶとともに、求められる知識、思考力はもとより、表現力などの基礎的な素養が身につく。
自分自身の意見をまとめて、わかりやすく伝えられるようになる。
授業の方法 公務員(一般行政職)が取組んでいる、あるいは直面している諸課題について、資料(新聞、雑誌等)を読み、現状と問題点を調べ、発表し、意見交換をする。(司会進行役は順次交代して担当する)。これは授業方法の一例であり、クラス毎に授業の方法や進め方は異なります。詳細はクラスの担当教員から説明があります。
授業外の学修(予習・復習等) 事前に指定された資料等を読んでおくこと。各クラスで課される課題や報告の準備など、クラス担当教員の指示にしたがって、予習復習に取り組んでください。
テキスト・参考書 クラスの担当教員より指示があります。
成績評価の基準・方法 出席を前提とし、授業の参加の度合いを総合的に評価する。授業の参加の度合い60%、レポートなどの課題40%を原則として総合的に評価する。
この科目の履修にあたって 藤島光雄:私の専門は、行政法・地方自治法です。新聞を読み行政課題に関心を持ってください。

漆畑貴久:自分自身と社会の「今」に対する関心を高め、将来を展望するように努めてください。

乾順子:専門は家族社会学・計量社会学です。実証研究を行っています。
よりよい社会とは?その実現にはどのような道筋があるのか?について考えています。一緒に本を読んだり、議論をしたり、考えたりしてみませんか。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

どのように授業を進行させるかについての概略の説明

第2回 時事問題①

「行政の役割」について研究・発表・討論

第3回 時事問題②

「住民サービス」について研究・発表・討論

第4回 報告・議論①

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第5回 報告・議論②

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第6回 報告・議論③

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第7回 報告・議論④

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第8回 報告・議論⑤

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第9回 前半のまとめ

論述試験の過去問を解いてみる。

第10回 報告・議論⑥

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第11回 報告・議論⑦

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第12回 報告・議論⑧

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第13回 報告・議論⑨

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第14回 報告・議論⑩

発表、ディスカッション、コメントペーパー作成。

第15回 全体のまとめ

まとめ。総括。