トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 法曹特別演習D
   Special Seminar for Judicial Examination D
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 岩﨑 正(准教授)
グレード G4
テーマ 法曹志望者等のための刑事法
キーワード 刑法,刑事訴訟法
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本演習は、法科大学院進学などの法律専門職を目指す受講生を対象とする演習科目です。
刑事法(とくに刑法)の重要論点を含む事例問題に対して、適切に問題を発見し、それに対する法的解釈を行い、事案を分析して事実を当てはめることが必要とされます。そこで、刑事法の事例問題を実際に解いてみて、答案を作成し、それに基づき全員で議論します。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 本演習は、主に法科大学院への進学を目指す人を対象にしています。それに加えて、その他の法律専門職を目指す人、資格試験で刑事法の論文試験が必要な人の受講も予定しています。それに対応できる基礎知識を身につけていることを前提に行います。そのため、法学部専門教育科目の刑事法系科目(とくに刑法)について履修済みであることが望ましいです。本演習により、刑事法に関する基本的専門知識を体系的に理解し、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身に付け、論理的な思考力と豊かな表現力を培うことができます。法学部DPの「論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につけ」ることができます。
学修の到達目標 刑事法(とくに刑法)についての基礎的知識をもとに、応用的・発展的問題に対応する能力を身につけることを目指します。刑事法の重要論点を含む事例問題に対して、適切に問題を発見し、それに対する法的解釈を行い、事案を分析して事実を当てはめることができる能力、それを他の人に十分に理解してもらえるような文書の作成・口頭表現ができる能力を養うことを目指します。
授業の方法 初回の授業時に、授業の進め方・予習方法・復習方法などを確認し、報告担当者を決定します。2回目以降の授業では、担当教員の出題した問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行ってもらいます。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認した後で、事例問題に関する質疑応答・討論を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 受講者が刑事法についての基礎的知識を既に身に付けていることを前提としています。自分がそのレベルに達していないと思う人は授業外の時間を活用して予習・復習に取り組んで下さい。「授業の方法」に記載のとおり、報告者およびそれ以外の人たちも、課題に対する十分な予習・準備が求められます。相応の時間が必要になりますから授業外の学修時間を確保できるよう工夫して下さい。
テキスト・参考書 初回の授業などで適宜紹介しますが、既に持っている基本書で構いません。あれこれ手を出すのではなく、一つの基本書を何度も繰り返し読むことが重要です。小型六法は毎回持参してください。
成績評価の基準・方法 授業への参加状況及び発言内容(50%)、②報告内容(50%)などによって、総合的に評価します。欠席をする場合は必ず事前・事後に理由とともに連絡すること。
この科目の履修にあたって 刑法に限らず、法学の勉強の基本は、基本書を何度も繰り返し読み、自分の頭で何度も考えることです。地道な努力が重要です。論理的な文章(答案)の作成できるようになるためには、最初は「人の書いた良い文章を盗む」ことです。他の人の答案等を参考に、自分が身に付けた知識を活用して、自分なりのスタイルを確立していって下さい。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

自己紹介、ゼミの進行方法についての確認を行い、各回の報告担当者の決定などを行う。

第2回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第3回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第4回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第5回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第6回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第7回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第8回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第9回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第10回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第11回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第12回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第13回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第14回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。

第15回 発表・報告と質疑応答

問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認し、問題に関する質疑応答・討論を行う。