トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 法曹特別演習C
   Special Seminar for Judicial Examination C
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 大島 一悟(教授)
グレード G4
テーマ 法曹志望者のための民法(債権総論・債権各論)
キーワード 法曹,民法,債権総論,債権各論,演習
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  法曹(法科大学院進学などの法律専門職)を目指す受講生を対象とする演習科目である。
 民法の重要箇所に関する事例問題に関して、関連箇所についての基礎知識を確認し、問題点を発見したうえで、実際に論文式の答案を作成し、当該答案に基づいた報告を行い、参加者で議論することを通して、民法(債権総論・債権各論)の総合力を養う。
履修条件  特になし。ただし、債権総論・債権各論に関する基本的な理解を前提として授業を行うため、夏休みの間に該当分野の基本事項を確認しておいてもらいたい。
 なお、法曹特別演習Bと本授業で財産法全体についての総合力を養うことを目標とするため、法曹特別演習Bをあわせて受講することが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  民法(特に債権総論・債権各論)の基礎知識を定着させ、基本的な事例問題についての問題演習を行うことで、債権総論・債権各論の総合力を養う。
 この演習を履修することで、民法に関する専門知識を体系的に理解し、課題解決能力を修得するとともに、論理的思考力も修得できるようにする。また、大学院進学などの進路を意識した授業内容とする。
学修の到達目標 1.債権総論・債権各論に関する基礎知識を修得し、その内容を他者に対して説明することができる。
2.債権総論・債権各論に関する基本的な事例問題について、問題点を的確に把握し、法的な解決方法を示すことができる。
3.法科大学院既修者コースの入学試験で出題されるのと同程度の民法の事例問題に対して、問題点を指摘して答案を作成することができる。
授業の方法  初回の授業時に、2回目以降の授業の進め方・予習方法・復習方法などを確認し、2回目以降の授業での報告担当者(複数)を決定する。
 2回目以降の授業では、担当教員の出題した事例問題について全員が答案を作成して参加し、報告担当者は作成したレジュメ(答案)を使って報告を行う。その報告に基づき、全員で当該分野の基礎知識を確認した後で、事例問題に関する質疑応答・討論を行う。
授業外の学修(予習・復習等)  事例問題の該当箇所について予習・復習するだけでなく、授業外の時間を活用して、民法の財産法全体の理解を深めるようにしてもらいたい。
テキスト・参考書  報告担当者の作成レジュメを中心に使用するが、必要に応じて資料を配布する。
 テキストは、特に指定はしないので、各自が普段使用しているテキストを使用する。
 六法も、特に指定はしないが、普段使用している六法を授業には必ず持参すること。
 参考書については、適宜アドバイスする。
成績評価の基準・方法  ①授業への参加状況及び発言内容(50%)、②報告内容及び作成された答案の内容(50%)などによって、総合的に評価する。
履修上の注意事項など  毎回、授業で扱う部分の答案を作成をして出席し、質疑応答・討論に積極的に参加すること。
この科目の履修にあたって  法科大学院進学を考えている者のほか、民法が必要な国家資格受験予定者、民法に強い関心がある者の履修を期待している。
 特に、法科大学院進学希望者には積極的に履修してもらいたい。
 なお、受講者は、本講義と法曹特別演習Bの履修を通して、民法の財産法全体の理解を深めてほしい。
オフィスアワー 火 16:20~17:50 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学(法科大学院・法学系)、
月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 ガイダンス

自己紹介、ゼミの運営方法・各回の報告担当者の決定などを行う。2回目の授業で扱う事例問題についても、ガイダンスの際に配布する。

第2回 債権総論:債権の目的と効力

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第3回 債権総論:多数当事者の債権関係

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第4回 債権総論:債権譲渡と債務引受

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第5回 債権総論:債権の消滅

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第6回 契約総論:契約の成立と解除

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第7回 契約各論:売買・贈与

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第8回 契約各論:賃貸借・使用貸借

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第9回 債権法:不当利得

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第10回 債権法:不法行為

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第11回 債権法:正当防衛・緊急避難

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第12回 債権法:特殊の不法行為

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第13回 親族法:婚姻・親子

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第14回 親族法:親権・後見・保佐・補助・扶養

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。

第15回 相続法:相続・遺言

事例問題について、全員が予習として答案作成を行い、その中の報告担当者(複数)が作成した答案に基づいて報告を行う。その報告を受けて、関連項目の基本事項を確認し、全員で質疑応答・討論を行う。