トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 法曹特別演習A
   Special Seminar for Judicial Examination A
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 丹羽 徹(講師)
グレード G4
テーマ 憲法重要判例の論点と読み方
キーワード 憲法訴訟,違憲審査基準
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  この演習は、法科大学院に進学し法曹を目指す者および法律専門科目が含まれる公務員試験を受験する者を念頭に、憲法を判例・学説のレベルまで理解し、各種試験にも対応できる能力を身につけることを目的としています。法曹特別演習Aはとくに憲法(公法)分野を扱い、近年いくつかの法令違憲判決が最高裁で下されており、それらを中心に検討します。
履修条件 憲法関連科目のすべてを履修済みであること、または、憲法の体系書(基本的な教科書)を通読し、憲法全体の理解をしていること。さらに、民法、刑法などの基本科目に加えて、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法を履修済みであることが望ましい。これらの科目についても、未履修の場合には、教科書に一通り目を通していること。そのことを前提にしたレベルで授業を進めます。
将来、法科大学院に進学して法曹を目指す者、あるいは法律専門科目がある公務員試験を受験する予定の者など、憲法を積極的に学ぶ意欲があることを履修の条件とする。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 法的素養を身につけ、論理的に思考できる能力を獲得し、法的問題を解決する法律専門職および憲法の価値を実現する公務員として必要な知識と手法を学ぶ科目であり、憲法のみならず行政法など関連法分野の応用科目として位置づけている。
学修の到達目標  憲法の重要判例について、その内容と論点を的確に指摘し、かつ、それらについて文章としてまとめることができるようになることを目指します。
授業の方法  課題となっている憲法判例を全員が読んでくることを前提に、毎回、数人に報告してもらいます。その際、判決文をまとめるだけではなく、他の判例、学説、判例解説などをあわせて紹介してもらいます。
その報告をもとに全員で、内容について議論し、理解を深めます。
授業外の学修(予習・復習等)  毎回、報告または発言を求めますので、受講生は、事前の予習として判決文を読んでくることに加え、関連する文献に目を通してくることが必須となります。また、毎回の課題についてすべて、討論を受けてあらためてまとめたものを文章化して提出してもらいます。
テキスト・参考書 憲法判例百選などを利用しますが、必要に応じて指示します。憲法の講義で利用した教科書なども参考文献となります。
成績評価の基準・方法 毎回提出してもらうレポートを80%、授業中の発言などの平常点を20%で採点します。
履修上の注意事項など  憲法関連科目はすべて履修済みで有り、行政法などの関連科目も履修済みあるいは併修中であることが望ましい。すべての課題についてレポートの提出を義務づけているので、そのことを前提に履修すること。また必要な論文も事前に読んできてもらいます。
 レベルはG4であり、憲法全体を理解していることを前提にしています。受講生のレベルにあわせた演習とはなりません。
この科目の履修にあたって  毎回のレポート提出、討論に積極的に参加する意欲がある学生に参加してもらいたいと思います。かなりハードですが、それに応じた能力が身につきます。1時間の授業のために少なくとも3~5時間程度の予習・復習を確実にこなしてください。
オフィスアワー


第1回 演習の進め方と課題の設定

この演習の進め方と具体的な課題を設定します。参加者の不得意なところを中心に設定します。

第2回 報告と討論①

総論①参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第3回 報告と討論②

総論②参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第4回 報告と討論③

人権①参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第5回 報告と討論④

人権②参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第6回 報告と討論⑤

人権③参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第7回 報告と討論⑥

人権④参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第8回 報告と討論⑦

人権⑤参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第9回 報告と討論⑧

人権⑥参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第10回 報告と討論⑨

人権⑦参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第11回 報告と討論⑩

人権⑧参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第12回 報告と討論⑪

統治①参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第13回 報告と討論⑫

統治②参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第14回 報告と討論⑬

統治③参加者が決定してから具体的な内容は決めます。

第15回 報告と討論⑭

統治④参加者が決定してから具体的な内容は決めます。