トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 藤島 光雄(教授)
グレード G4
テーマ 行政判例の研究
キーワード 行政行為,行政処分,行政手続,行政指導,行政手法,行政争訟,国家賠償,損失補償
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 主として、公務員行政職(自治体職員)をめざす学生、行政法理論・判例を体系的に学ぶ学生のためのゼミである。
行政法理論を学びながら、行政法の重要判例を紐解き、行政が直面する行政課題に対応するための、政策手法、政策法務論等について、具体的な判例・事例を挙げながら、行政法演習としてゼミナール形式で、授業を行う。
履修条件 憲法(概論・統治・人権)、公務員のための行政法、行政法総論Ⅰ・Ⅱを履修済であること。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 行政法の基本的な知識を身につけた後、次の段階である行政争訟、国家賠償、損失補償等の知識を修得するとともに、行政法の重要判例を読み解き、社会人として、行政課題解決のための政策手法等のスキルを身につけるための演習である。
学修の到達目標 ①行政法が、私たちの日常生活とどのように関係しているかを理解する。
②判例・事例の検討を通じて、行政法理論、重要判例についての概念・知識を身につける。
③行政法学的なリーガルマインド、政策手法を身につける。
授業の方法 行政法の重要判例について、履修者全員に報告の分担を行う。
各報告者が報告の際にレジュメを作成する。レジュメの要領は、①担当テーマの内容を要約すること。②参考文献や関係法令を調べたうえ、各テーマにおいて論じられた論点や問題点に関する学説や判例を整理すること。③感想・論評を述べること。報告後、全員で質疑・討論を行う。
授業外の学修(予習・復習等) 自分の担当する判例は勿論のこと、担当外の判例についても、議論に参加できるよう事前に予習しておくこと。
また、発表・報告の際、指摘された事項については、再調査等の上、まとめておくこと。
テキスト・参考書 主として、
宇賀克也・交告尚史・山本隆司 編 『行政判例百選Ⅰ・Ⅱ(第6版)』
(有斐閣、2012年)
初回の演習の際、取り上げる事例に応じて具体的に提示する。
成績評価の基準・方法 報告内容、討論での発言、授業への参加の度合い等で、60%、レポートなどの課題40%
履修上の注意事項など お客様にならず、毎回最低1回以上は、発言すること。
自分の報告担当でない事例についても、事前に目を通し、自分なりの意見を用意して、演習に参加すること。
この科目の履修にあたって 毎日新聞を読み、行政法判例の動きを注視してください。
オフィスアワー 金 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) レポート作成支援、公務員試験対策、大学院進学(公法系)


第1回 ガイダンス

演習の進め方、報告判例・事例・報告分担等の決定
参考文献等の紹介

第2回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第3回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第4回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。


第5回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第6回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第7回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第8回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第9回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第10回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第11回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第12回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第13回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。

第14回 報告と質疑・討論

各自担当の行政法の重要判例を、レジメ・PPを使用して報告・発表し、全員で討論する。


第15回 報告と質疑・討論

 これまでのまとめと総括