トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢB
   Seminar ⅢB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 大島 一悟(教授)
グレード G4
テーマ 民法重要課題の研究
キーワード 民法,財産法,民法総則,物権,債権,動産,不動産
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  春学期の演習ⅢAで作成した研究レポートを参考にしながら卒業研究を行い、論文を作成する。
 また、完成した論文をまとめたゼミ論文集の作成を行う。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  演習ⅢAを履修し、そこで研究レポートを作成していることを前提とした演習科目である。
 民法の重要課題の中から、特定のテーマに関する研究を行い、論文を作成する。
 研究するテーマは、各自が演習ⅢAで選定したテーマを想定しているが、別のテーマを選定することも自由である。
学修の到達目標  自身が選定したテーマについて、問題設定をしたうえで、資料を集め、分析を行い、論文を作成する。
授業の方法  初回の授業時に、各自が研究テーマを決定し(春学期に選択したテーマを想定しているが、別のテーマを選択することもできる)、2回目以降の授業での報告担当者を決定する。
 2回目以降の授業では、報告担当者が選定したテーマについて中間報告を行い、全員で質疑応答・討論を行う。
 最終授業時には、各自が研究成果を報告し、論文を作成して提出する。
 この演習を履修することで、民法に関する諸課題を解決する能力を修得するとともに、論理的思考力も修得できるようにする。また、大学院進学・公務員試験・就活等の進路を意識した授業内容とする。
授業外の学修(予習・復習等)  研究テーマに関連する文献や資料については、関連分野も含めて幅広く学修してください。
テキスト・参考書  各自の研究テーマに応じて適宜アドバイスを行う。
成績評価の基準・方法  ①授業への参加状況及び発言内容(30%)、②報告内容・作成レポート(70%)などによって、総合的に評価する。
履修上の注意事項など  演習ⅢBでは、4年間の学習成果のまとめとして、卒業研究に取り組んでもらいたい。
この科目の履修にあたって  授業時の報告の際に得られたヒントや参加者の質問から得た視点などを今後の研究に生かすように心がけ、より良い論文に仕上げてほしい。
オフィスアワー 火 16:20~17:50 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学(法科大学院・法学系)、
月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 ガイダンス

 ゼミの運営方法の説明を行った後、各自の研究テーマを決定し、各回の報告担当者を決定する。

第2回 担当者による報告と討論①

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第3回 担当者による報告と討論②

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第4回 担当者による報告と討論③

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第5回 担当者による報告と討論④

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第6回 担当者による報告と討論⑤

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第7回 担当者による報告と討論⑥

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第8回 担当者による報告と討論⑦

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第9回 担当者による報告と討論⑧

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第10回 担当者による報告と討論⑨

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第11回 担当者による報告と討論⑩

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第12回 担当者による報告と討論⑪

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第13回 担当者による報告と討論⑫

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第14回 担当者による報告と討論⑬

 報告担当者は、研究の進捗状況を説明し、研究成果をレジュメで報告する。その後、全参加者で質疑応答・討論を行う。

第15回 研究成果の報告と論文提出

 全参加者が、秋学期の研究成果を報告し、論文を作成して提出する。ゼミ論文集の作成についての打ち合わせも行う。