トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 岩﨑 正(准教授)
グレード G4
テーマ 刑事法総合演習(3)
キーワード 刑法,刑事訴訟法,刑事政策
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 大学生活の集大成として、刑事法(刑法、刑事手続法、刑事政策、少年法)に関する卒業論文の作成を目指す。
卒業論文の作成によって、刑事法についての専門的知識を習得し、論理的な文章作成能力を身に付け、法的思考を武器に社会で活躍できる能力を培う。
履修条件 演習Ⅱの履修
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本演習は、刑事法に関する専門的な論文(単なるレポートとは異なる)の作成を行う。その過程で、刑事法に関する基本的専門知識を体系的に理解し、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身に付け、論理的な思考力と豊かな表現力を培う。刑事法に関する演習であるので、法律専門職コース・公務員コースと関連する。
学修の到達目標 ①刑事法に関する専門的な知識を得、②論理的な文章を作成する能力を身に付け、③大学生活で得た学習成果を具体化する。
授業の方法 演習(ゼミ)形式。毎授業で参加者が作成した論文案を検討・批評する。
授業外の学修(予習・復習等) 卒論作成が目標であるので、当然、それに関する十分な準備・作業が求められる。
テキスト・参考書 選定したテーマにつき、適宜、授業内で指示する。
成績評価の基準・方法 授業への参加状況、発言内容、報告内容(50%)、卒業論文の内容(50%)などによって、総合的に評価する。
履修上の注意事項など 刑事法科目を履修済みまたは並行して履修することが望ましい。
この科目の履修にあたって 大学生活の集大成として論文を作成することとなる。大学生活の学習の証として残るものなので、恥ずかしくない内容にできるよう頑張ってほしい。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(ロースクール・法学系)


第1回 ガイダンス

ゼミの進行方法についての希望・意見を聞き、各回の報告順序の決定などを行う。なお、第2回以降、発表等に代えてゲスト・スピーカーの講演や施設見学を行うことがある。

第2回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第3回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第4回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第5回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第6回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第7回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第8回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第9回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第10回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第11回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第12回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第13回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第14回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第15回 発表・報告と質疑応答

報告担当者が卒論案等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。