トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 西村 秀樹(客員教授)
グレード G4
テーマ 民法全般を対象とする具体的事例問題研究及び判例研究。
キーワード 自己決定、私的自治     ,契約、解除、損害賠償,過失責任主義,物権、債権             ,不法行為,法律行為、意思表示,無効、取消、不当利得    ,相続人、相続分、遺言、遺留分,代理,物権変動、登記、時効
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要 本ゼミは、民法全体に関する基礎的レベルのゼミです。
 民法の概説的な講義で得た知識を前提として、具体的な事例の解決方法を学びます。 
 民法は、私法の基本法として企業活動や営業活動の前提となる法です。将来の進路が法律関連の職種であれ、それ以外の職種であれ、その知識は常に必要とされるものです。本ゼミでは、そのような民法の基礎的素養を身につけることを目的とします。
 また、社会に出れば、職場であれ地域社会であれ、他人の意見に耳を傾け、自己の意見を主張し、他人と議論し、他人を論理的に説得する能力が求められます。受講生相互間での議論を通し、このような能力を身につけることも、本ゼミの目的とするところです。
 社会に出れば、どのような職種であれ、自己の意見を主張し、他者の意見に耳を傾け、他者と議論し、他者を論理的に説得する能力が求められます。そのような能力を習得するのが、このゼミの目標です。 
 そのため、民法の概説的な講義で得た知識を前提として、具体的な事例の解決方法を学びます。事例を整理し、論点を抽出し、適用すべき条文を把握し、結論を導くという地道な作業を繰り返し行います。
 なお、民法の知識・素養は一般社会生活においても必要です。この機会に、市民の基礎的素養としての民法を身につけましょう。この科目は、法学部のどのコースにおいても基礎的素養として最も必要とされる民法を対象とする演習です。
履修条件 特に必要的履修条件を設けるようなことはしませんが、財産法入門、民法総則概論、物権法概論を既に履修済み、または少なくとも履修中であることが望ましいです。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本ゼミは、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
  1 自由、平等などの価値原理を基礎とする、私法分野に関する基本的専門知識を体系的に理解している。
  2 私人間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
  3 他者と協調・協働できる能力を身につけている。
  4 論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につけている。
 本ゼミは、法律専門職コースや公務員コースへの橋渡しでもあります。

学修の到達目標 1 民法の基本的な事項を、条文に基づいて説明できる。
2 具体的事例における事実関係を、時系列と関係図を用いて、整理することができる。
3 具体的事例に潜む論点を指摘することができる。
4 論点についての考え方を、条文に基づいて説明できる。
5 自分の考え方を簡潔に表現し、他方、自分と異なる考え方も理解することができる。
授業の方法 民法上の基本的な制度・条文について学生諸君に説明を求めます。
 基本的な制度・条文の意義及び趣旨、条文適用の要件・効果などについてひととおりの理解を得たのち、簡単な事例を出題し、これを解析して登場人物相互間の法律関係の説明を求めます。
 受講生相互間での活発な議論を期待します。
 なお、時事的な問題や話題となった裁判などについては、随時言及してゆきます。 
 随時、小テストやレポートを課し、添削・採点のうえ返却します。
 なお、教師作成のレジュメは、随時、Web で配布します。

授業外の学修(予習・復習等) 必ず、事前に教科書の該当箇所を読んでおいてください。なお、15回のゼミ中に、教科書を少なくとも3回は通読してください。
 次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味をあらかじめ把握しておいてください。
 あらかじめ次回の設例を出題した場合は、必ず自分なりの回答を用意し、ゼミの際に発表できるようにしてください。
 予習は、少なくとも週2時間くらいは必要です。
テキスト・参考書 【教科書】

下記は、教科書として用いますので、必ず購入してください。

* 裁判所職員総合研修所監修
  『<新訂>民法概説(四訂版)』 一般財団法人司法協会

  本書は、簡潔な概説のほか、基本的な演習問題も記載されています。
  ゼミ中に、本書記載の演習問題を使用して受講生諸君に解説を求めます。

成績評価の基準・方法 コメントペーパー 40%
レポート      60%


◎ 全回出席でも、それだけでは単位を与えません。
  くれぐれも、出席して発言するように。
  結果的に間違った回答でも結構。考え方の訓練ですから。

履修上の注意事項など 選考試験は行いませんが、意欲のある人を求めます。
座っているだけでは、単位は認めません。

毎回の演習で必ず1度は発言してください。ノートも積極的にとってください。事例問題を出題されたら、どの条文を適用して解決する問題なのか、だいたいのあたりをつけて、六法を参照しながら概説書の該当部分を熟読してください。

法律用語については、新たな用語に出会うたびに、その定義を概説書からノートに書き写すという作業を、面倒がらずに行ってください。

この科目の履修にあたって 私は、学者ではなく実務家(弁護士・司法書士)です。弁護士として20年あまりの間、会社法務、不動産取引、家族問題(離婚・相続)、医療事故、交通事故、などを主に取り扱ってきました。刑事事件も多数手がけています。弁護士業務に比較すると件数では少ないものの、司法書士業務も行っています。実務家ならではの裏話・こぼれ話も折りにふれ、披瀝したいと思います。

 将来の進路のため、裁判所事務官、検察事務官、社会保険労務士、不動産鑑定士、など隣接士業の話題も提供したいと思います。

 積極的に参加してください。楽しくやりましょう。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

演習の運営方法、参考書・推薦書、成績評価の方法等を説明する。

第2回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第3回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第4回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第5回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第6回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第7回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第8回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第9回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第10回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第11回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第12回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第13回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第14回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。

第15回 民法全般を対象とする事例研究(判例を含む)

具体的事例問題や判例の検討・分析・討論、時系列・関係図の作成、論理的文章表現の練習、等を行う。