トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅢA
   Seminar ⅢA in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 澤野 義一(教授)
グレード G4
テーマ 憲法重要問題の研究
キーワード 憲法重要問題の争点整理,憲法論文(卒論)作成準備
開講年度
2017
開講時期
配当年次
4
単位数
2

授業の目的及び概要  憲法の対象は統治制度と基本的人権に分類されるが、基本的人権のうちの精神的自由権に関する研究テーマとして、例えば、信教の自由を取り上げるとすれば、どのような理論的争点があるのか、また、最近の判例だけでなく、これまでどのような判例があるのかなどを検討することになる。学説や判例だけでなく、信教の自由に関する歴史的、政治的背景や問題も調べる必要がある。
 判例のないような憲法重要問題として、憲法改正論争、日本国憲法の制定過程、日本国憲法と外国憲法との比較などを取り上げて検討することも可能である。
履修条件  憲法関連の講義科目を、2科目は履修していることが必要である。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目の位置づけは、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。「1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している」こと。
 また、この科目は、教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムのなかでは、公務員コースに位置づけられ、「行政職および警察・消防や教員を目指し公務員採用試験に合格することを目的としている」。
学修の到達目標  この授業では、卒業論文(卒業レポート)作成をめざし、その前段的な準備として、当該テーマに関する基本的な論文などを読み、争点や課題を整理する。そのうえで、卒業論文の中間的なレポートを作成することを目標とする。卒業論文のテーマは、憲法重要問題のなかから、各自の問題関心のあるものを取り上げるのがのぞましい。
授業の方法  受講生の報告をもとに、参加者で議論しながら報告テーマの論点や課題について深めていく。
授業外の学修(予習・復習等)  受講生は、初回の授業開始以降すみやかに取り組むべき卒業論文のテーマを選定し、必要な論文や文献を収集していくことが求められる。授業で報告したあとは、不十分な点をフォローしたり、さらに必要な論文等を収集する必要がある。
テキスト・参考書  とくに指定はない。参考書として、大石眞・石川健治編『憲法の争点』(ジュリスト増刊)、芹沢斉・市川正人・坂口正二郎編『新基本法コンメンタール 憲法』(日本評論社)、『憲法判例百選Ⅰ、Ⅱ [第5版、第6版]』(ジュリスト別冊)をあげておく。
 
成績評価の基準・方法  授業参加度、報告内容、発言などの積極性で6割、課題レポートの提出などで4割の割合で採点する。
履修上の注意事項など  卒業論文テーマの選定については、演習Ⅱのときに発表したテーマや関心をもったテーマをさらに深める観点から取り上げてもよいし、各自の日頃の問題関心に基づいたテーマを取り上げてもよい。
この科目の履修にあたって  法学部4年間の学修成果のまとめとして、最終的に卒業論文を作成するという意識をもって、授業に参加することが大切である。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 授業ガイダンス

授業の目標や進め方などについての説明。

第2回 報告と討論①

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第3回 報告と討論②

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第4回 報告と討論③

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第5回 報告と討論④

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第6回 報告と討論⑤

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第7回 報告と討論⑥

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第8回 報告と討論⑦

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第9回 報告と討論⑧

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第10回 報告と討論⑨

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第11回 報告と討論⑩

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第12回 報告と討論⑪

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第13回 報告と討論⑫

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第14回 報告と討論⑬

各自の選定テーマに即した報告と討論。

第15回 まとめ

報告と討論を踏まえた中間的なまとめのレポート提出。