トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡB
   Seminar ⅡB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 西脇 邦雄(教授)
グレード G3
テーマ 社会に出るための教養力ー知っておきたい政治行政の仕組み
キーワード 人口減少社会,少子化、高齢化,介護の社会化,行政のとの協働,障がい者の就労,多文化共生社会,自治体の国際協力
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 年間を通じて公務員を目指す学生には憲法改正の論点や、選挙制度学習を通じて将来の次ごとに役立つ授業とする。。
民間志望の学生であっても、行政の仕組みや選挙制度を知り、行政サービスを理解することは、企業活動や健全な市民社会の育成に必要である。特に最新のテーマから見える、日本社会の課題、行政の課題を理解し、法的知識、技能を基にして解決策を考える力を身につける。
また、就職活動を本格的に準備する時期でもあり、企業情報の見方、ブラック企業についてなど、労働法、会社法の生きた学習も進める。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) グレードは G3。
社会に出るための教養力ー政治行政の分野の基礎的知識を得ることを目標とする。
学修の到達目標 春学期を踏まえ、秋学期は就活準備として ES、業界研究、職種発表を準備する。
担当学生ごとの発表に重点を置く。
少子高齢化、人口減少社会と言われる現実に着眼する。
現在の日本の政治システムや自治体の住民参加のシステムを探る。
授業の方法 DVDなど映像を活用するとともに、フィールドワークもまじえて現場の課題を理解する。
適時コメントシートの提出、グループミーティングを行なう。
授業外の学修(予習・復習等) ワークシートやコメントシートは添削や感想を書いてフィードバックするので、振り返り、復習について重点を置くよう指導する。
テキスト・参考書 特定の教科書は使用しない。
参考
「おとなの教養」池上彰( NHK出版新書)
「新、野球を学問する」桑田真澄(新潮文庫)
「スポーツビジネス最高の教科書」平田竹男(東洋経済新報社)
「マイクロファイナンスとはなにか」菅正弘(東洋経済)
成績評価の基準・方法 授業中の質問等、積極的参加(60%)、授業発表、レポート(40%)によって評価する。
履修上の注意事項など 3回生の秋学期、就活の6ヶ月前を想定して、業界研究、企業情報の見方もできるように企業会計の決算や労働法や会社法などの基礎知識を身につける。
この科目の履修にあたって 池上彰の提唱する大人の教養がジェネリックスキルのモデルとしてふさわしいと考えるので、そのような観点から参加してほしい。音楽や宗教についての古典的な教養の基本的な理解、宇宙や素粒子理論の接合、人類の病気の歴史、日本人の起源、人類の起源など、教養とは何かについて3回生の時期に深めることが目標です。
オフィスアワー 水 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、キャリアと進路


第1回 秋学期ガイダンス

振り返り

第2回 人口減少社会

増田レポートの衝撃

第3回 JR東海認知症事故判決

認知症事故の判決

第4回 憲法改正の論点1

制定過程の議論

第5回 憲法改正の論点2

9条と集団安全保障

第6回 憲法改正の論点3

環境、人権などの論点

第7回 科学技術と法

 DNA、遺伝子操作

第8回 科学技術と法

ドローンや AIを考える

第9回 多文化共生社会1

在日コリアンの存在と歴史

第10回 多文化共生社会2

鶴橋コリアンタウン、ヘイトスピーチを考える

第11回 救急有料化1

コンビニ受診の実態

第12回 救急有料化2

解決策はあるか

第13回 業界研究1

ワークシート1

第14回 業界研究2

ワークシート2

第15回 秋学期のまとめ

授業の総括