トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 岩﨑 正(准教授)
グレード G3
テーマ 刑事手続法総合演習(1)
キーワード 刑事訴訟法,刑法,刑事政策,少年法
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 本演習は刑事法の中でも、とくに刑事訴訟法分野と刑事政策分野を取り扱います。
現実の社会で起きている犯罪・刑事事件を解決・処理するために、刑事法は重要な役割を果たしています。犯罪という現象に対して、警察官らによる捜査手続が行われ、刑事裁判が行われ、刑罰が科されることがあります。刑事法が存在するからこそ、それが可能になるのです。刑事法は、捜査のために財産を押収することも、人を逮捕して自由を制限することも可能にします。また、刑罰を科すことによって財産を剥奪し、身体の自由を制限し、生命を奪うことすら可能にします。そのような強力なものであるからこそ、適切に運用しなければなりませんし、その内容を解釈するときには論理的でなければなりません。そのため、刑事法を学問として探求する際、結論の妥当性と論理的な解釈が求められるのです。これを考えることが、刑事法を勉強するおもしろさです。
本演習では、刑事法のさまざまな法的論点について、どのような問題か、どのような考え方があるのか、どう考えればよいのかについて、皆で議論します。演習Ⅱでは、刑事法に関するテーマについて資料を集め、それを分析して報告し、法的問題について妥当な結論を導くために十分な能力を身につけることを目指します。
履修条件 3年次に配当される刑事訴訟法および刑事政策に関しては並行して履修すること
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本演習は、演習ⅡB(およびそれに続く演習Ⅲ)と合わせて、個別のテーマに関する報告・発表・議論を通じて、刑事法(とくに刑事訴訟法および刑事政策)に関する応用的問題に取り組み、法的解決能力の修得を目指すものです。
初回の授業までに自らが関心のある刑事法の法的論点・テーマを複数考えてきてください(とくに刑法、刑事訴訟法が中心となります。)。なお、本演習は、法律専門職に必要とされる能力を身につけることにもつながりますので、法律専門職コースとも関連があります。
学修の到達目標 ①社会で生じる諸問題へ関心を持ち、それに対する法的な解決方法を考えることができる、②専門的な法分野の学習方法を身につける、③積極的な報告・質疑応答を通じて、自分の考えを見つめ直し、さらに深める、④他者を(単なる感情論ではなく)論理的に説得する能力やプレゼン能力を養う、ことを目指します。また、学生研究発表大会での発表も目指します。
授業の方法 初回の授業で各回の担当者・グループを決め(受講者の人数によってグループを作るか決めます)、報告するテーマを設定し、担当回までに資料収集・レジュメを作成します。
当日は、まず報告担当者がテーマについて報告・発表を行い、問題提起を行います。担当者以外の者は、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論します。そのため、報告担当者はそれらの質問等にきちんと答えられるように準備する必要がありますし、報告者以外の人たちは各自でテーマについて予習して質問等を用意することが求められます。
また、学習のきっかけにしてもらうために、裁判傍聴、刑事施設の見学、事務所訪問、ゲストスピーカーの講演などを行うことがあります。演習における教員の役割は、原則として、報告準備に関するヒント・アドバイス、議論の交通整理にとどまります。受講者の積極的な報告・議論を期待しています。
報告に際してはPowerPoint等プレゼン用ソフトを使用しても構いません。
授業外の学修(予習・復習等) 「授業の方法」に記載のとおり、報告者には担当回までに十分な準備が求められますし、担当者以外の人たちもテーマに関する予習をして報告に対する質問を用意する必要があります。教員からは、事前にどのような書籍・資料に目を通しておくべきかなど報告や予習についてのヒントを示します。
テキスト・参考書 テキストや各テーマで重要な書籍・資料は適宜紹介します。関連する分野の基本書や小型六法は毎回持参してください。
成績評価の基準・方法 授業への参加状況及び発言内容(50%)、②報告内容(50%)などによって、総合的に評価します。ただ単に出席しているだけでは良い評価は得られません。毎回必ず発言してもらいます。やむを得ない理由で欠席する場合は必ず連絡すること。
履修上の注意事項など 受講者には、刑事法(とくに刑事訴訟法および刑事政策)に関する科目に興味があり、関心のあるテーマを見つけることが求められます。そのため、法学部専門教育科目の刑事法系科目について履修済みあるいは併行して履修することが望ましいです。3年次に配当される刑事訴訟法および刑事政策に関しては並行して履修すること。
なお、選考を行う場合がある。
この科目の履修にあたって 積極的な報告・議論への参加が求められます。そのためにも刑事法に関する興味・関心を日常的に持つようにしてください。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(ロースクール・法学系)


第1回 ガイダンス

自己紹介、ゼミの進行方法についての希望・意見を聞き、各回の報告担当者の決定などを行う。なお、第2回以降、発表等に代えてゲスト・スピーカーの講演や施設見学を行うことがある。

第2回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第3回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第4回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第5回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第6回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第7回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第8回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第9回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第10回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第11回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第12回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第13回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第14回 発表・報告と質疑応答

報告担当者がレジュメ等に基づき発表・報告を行い、報告に対して質問や疑問をぶつけ、全員で議論する。

第15回 まとめ

これまでのゼミを総括し、今後の改善点などを考える。