トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠB
   Seminar ⅠB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 大久保 紀彦(准教授)
グレード G2
テーマ 法と行政:政策諸課題と行政の役割(公務員コース)
キーワード 政策立案と実行,民法,憲法,行政法,まちづくり,地方自治体
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 公務員が担う都市政策の総合学習に最も適している国家試験「宅地建物取引士」試験(10月半ば)を手段として、多面的で理解を深める学習を行います。
10月半ば以降は、宅建士でも学んだ「まちづくり」などの行政課題そのほか各自の関心事項について、全員が学生研究発表大会の出場に向けた研究を進めていきます。
履修条件 2017年10月の国家資格「宅地建物取引士」受験、12月の学内「研究発表大会」に向けて、毎回十分な準備をしたうえで出席し、積極的に参加してゼミに貢献できる者。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 民法および憲法について十分な理解と実力を有する者向けの高いレベルの演習であり、「多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力」とともに、「他者と協調・協働できる能力」を身につけていく。さらに、研究発表大会参加などを通じて「学生自身の研究活動」についても指導していく。
学修の到達目標 2017年10月宅建士試験合格を中間目標としたうえで、他ゼミ員・教員とともに厳しくも楽しいゼミを作り上げていき、学力・人間力を磨くことを最終目標とする。
授業の方法 並行履修を行う教員担当の講義科目に連動する過去問の予習を前提とする演習。各自からの発表・ソクラテス話法に基づく授業を通じた、理解の深化と暗記ではない知識の定着化。
授業外の学修(予習・復習等) テキスト・参考書について事前に指定した箇所の読込み(予習)。
授業で扱った箇所の問題演習(復習)。
分担プレゼンテーションの準備。
学生研究発表大会での発表準備。
合宿(予定)
テキスト・参考書 「不動産関連法令・行政文書等資料集」(大久保紀彦編、大阪経済法科大学経法学会)
テキスト「スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2017年度」(TAC出版)
※以上は予定。開講までの最新版の中から、最適なものを提示する。
成績評価の基準・方法 ①宅地建物取引士試験受験・学生研究発表大会に向けた課題(授業内提出物、レポート、テスト等)(50%)
②演習、合宿、授業外学修などへの参画・関与の程度とその内容(50%)

について、ゼミへの貢献・真摯な姿勢、目標に向けて努力を惜しまないを姿勢を重視して評価のうえ、総合的最終評価とする。
履修上の注意事項など 1年生修了時までに「財産法入門」「民法総則概論」単位取得済。
2年生春学期に「不動産と法規制」「不動産登記法」「契約と賠償」、秋学期に「債権法概論」の履修を行い、国家資格「宅地建物取引士」2017年度試験を受験すること。
2017年度学生研究発表大会に出場すること。
が、履修条件となるので注意しておいてもらいたい。
この科目の履修にあたって 公務員等の各種採用試験には4年生春に挑むことになる。入学からの3年間のうち、最初の1年間は終わろうとしており、みんなにはとてもよく頑張ってもらっている。次の「大学2年生」も一生に一度しかない。その大学2年生を、悔いなく有意義に過ごしていこう。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、その他(自己PR作成支援など)(勉強の方法、ノートの作り方、授業の受け方、宅地建物取引士資格)


第1回 法と行政(小括1)

不動産に関する「法と行政」についての総まとめ(1)

第2回 法と行政(小括2)

不動産に関する「法と行政」についての総まとめ(2)

第3回 法と行政(小括3)

不動産に関する「法と行政」についての総まとめ(3)

第4回 プランニング

学生研究発表大会、ゼミ論集に向けてのスケジューリング。
卒業後の進路に向けた次の中間目標の設定 分担決定

第5回 ゼミ員プレゼンテーション1

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第6回 ゼミ員プレゼンテーション2

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第7回 ゼミ員プレゼンテーション3

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第8回 ゼミ員プレゼンテーション4

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第9回 ゼミ員プレゼンテーション5

担当ゼミ員が、時事問題に関する教科書、調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第10回 ゼミ員プレゼンテーション6

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第11回 法と行政(小括4)

各自治体が抱える政策課題についてのまとめ1

第12回 ゼミ員プレゼンテーション7

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第13回 ゼミ員プレゼンテーション8

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第14回 ゼミ員プレゼンテーション9

担当ゼミ員が、志望自治体の資料など調査内容を元に報告
質疑応答、教員からのコメント グループ学習

第15回 まとめ

1年間のまとめ