トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠB
   Seminar ⅠB in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 大場 史朗(准教授)
グレード G2
テーマ 刑事法をより深く知る
キーワード 犯罪,刑罰,刑事法,刑法理論,人間回復,日本国憲法,他人の痛みを自分の痛みにする
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 刑事法の基本的な考え方を知ることを目的として、さまざまな側面から刑事法の諸問題にアプローチします。
履修条件 とくにありません。ただし、以下の点に注意してください。

①選考にあたっては、面談を実施した方を優先して採用します。
②刑事法関係の講義を履修済みか、本演習と並行して刑事法関係の講義を履修することが望ましいです(自習でも可)。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 刑事法の専門演習を通して、以下の能力を涵養します。
(1)自由、平等、民主主義などの価値原理を体系的に理解している。
(2)多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
(3)他者と協調・協働できる能力を身につけている。
(4)論理的な思考力、豊かな表現力および実践感覚を身につけている。
学修の到達目標 (1)他人の痛みを自分の痛みにすることができる。
(2)刑事法の全体像を理解できる。
(3)精確な現状分析をすることができる。
(4)相手の意見を尊重し、それに対して自分の意見を言うことができる。
(5)チームワークを身につけることができる。
授業の方法 ゼミナール形式です。担当教員が適宜、解説します。

授業の進め方の一つのモデルは以下の通りです。
①毎週、担当教員が刑法の事例問題を用意します。
②毎週、グループ又は個人で、その事例問題を解いてきてもらいます。
③毎週、グループ又は個人で、解答レジュメを用意し、発表してもらいます。
④質疑応答、議論を行って、一定の結論を出します。

*その他、ゼミ生の学修に関する希望に対しては柔軟に応じることとします(ゲストスピーカー等)。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回の予習が必要です。報告を担当していただくので、相応の学修が必須となります。
テキスト・参考書 必要に応じて紹介します。
『六法』(小型のもので可。ただし紙媒体に限る)を毎回持参してください。
成績評価の基準・方法 平常点による(100%)。具体的には、①演習への参加状況(欠席・遅刻など)、②報告の準備とその内容、③演習中の態度や演習に対する姿勢、④レポートの内容を総合的に判断して評価します。
履修上の注意事項など 自分の可能性を信じよう。必ずできる。
この科目の履修にあたって IAのシラバス参照。
オフィスアワー 金 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 ガイダンス、模擬報告

授業の進め方のレクチャー。
担当教員による模擬報告など。
*授業計画は柔軟に変更することがある。

第2回 報告と議論(1)

受講生による報告と議論(1)

第3回 報告と議論(2)

受講生による報告と議論(2)

第4回 報告と議論(3)

受講生による報告と議論(3)

第5回 報告と議論(4)

受講生による報告と議論(4)

第6回 報告と議論(5)

受講生による報告と議論(5)

第7回 報告と議論(6)

受講生による報告と議論(6)

第8回 報告と議論(7)

受講生による報告と議論(7)

第9回 報告と議論(8)

受講生による報告と議論(8)

第10回 報告と議論(9)

受講生による報告と議論(9)

第11回 報告と議論(10)

受講生による報告と議論(10)

第12回 報告と議論(11)

受講生による報告と議論(11)

第13回 報告と議論(12)

受講生による報告と議論(12)

第14回 報告と議論(13)

受講生による報告と議論(13)

第15回 まとめ

一年間のまとめと総括。