トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠA
   Seminar ⅠA in Law and Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・演習
担当者 乾 順子(准教授)
グレード G2
テーマ 現代社会基礎演習Ⅰ
キーワード 現代社会の諸問題,社会調査,仮説,実証研究,量的調査
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 現代社会における諸問題、諸課題についての理解を深め、自分自身の問いを見つけ出し、仮説を設定してデータに基づき実証するという一連の手続きについて学ぶ。
社会の実態をつかむための社会調査とは何かを学び、社会調査の設計と実施方法に関する知識の実践的習得を目指す。これらのことは就業力の育成に資するものである。
履修条件 社会調査論Ⅰ、Ⅱの履修をすること。
積極的にグループワークに参加し、仲間と協調して作業が進められること。授業外の時間を使っての共同作業もいとわないこと。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 主に社会学(計量社会学)をベースとした実証方法について学びます。
公務員になるにしても、企業に就職するにしても、それ以外の進路であっても、社会全体に関心を持ち、データを用いて説得的に語るという手法は有効であり、ぜひ身につけてもらいたいと思います。
学修の到達目標 社会の中で、どのような人たちの集団が、どのような意識と行動を示すのか、に関する仮説を構築し、実証できること。サンプリング、調査票の構成と質問文の作り方、調査の方法(実査の方法、調査票の配布と回収法等)、調査データの整理法等について学び、自らの関心に基づいて、実際に簡単な調査を実施することで、より深い理解を目指す。
秋学期の研究発表大会で研究成果を報告する。
授業の方法 社会調査とは何か、その目的、手法、データのまとめ方を学んだ後、実際に簡単な調査を行う。自分たちで調査票を作成し、回答を依頼し、データを回収、エクセルに入力し、分析してレポートにまとめる。結果を発表してもらう。
授業外の学修(予習・復習等) 日頃から、社会全体に関して関心を持ち、考えること。本をたくさん読むこと。できる限り、専門書や新書など大学生にふさわしい本に触れていただきたい。
テキスト・参考書 授業中に指示します。少なくとも1冊を教科書として購入してもらいます。
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加の程度(30%)、レポート・発表(70%)によって評価します。
履修上の注意事項など 無断欠席・遅刻は認めません。
「社会人」と同等のマナーを身につけた方、身につけたい方の履修を希望します。
参加者の興味・関心によっては内容を変更する可能性があります。
この科目の履修にあたって 現代に生きる人々が何を考え、どのように行動しているのか。これを把握するための調査を行います。実際に自分たちで問いを考え、調査票を作成し、データを入力し、分析するという作業は、一見大変に思うかもしれませんが、達成感を味わうことができ、社会に出てからも必ず役に立ちます。楽しみながら学びましょう。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、数学の基礎、公務員試験対策


第1回 社会調査とは

ガイダンス。
社会調査とは何か。

第2回 社会調査の実施方法

社会調査の企画、設計、実施方法について学ぶ。

第3回 問題意識の絞り込み

各自が関心のある問題について、問題意識を絞り込む。

第4回 仮説の設定

自分自身の問題意識に沿った仮説を考えてみる。

第5回 質問文の作成

自分自身の仮説を検証できるような質問文、選択肢を考える。

第6回 調査票の検討

グループごとに調査票を検討する。

第7回 調査票の完成

グループごとに調査票を完成させる。

第8回 データの回収、整理

回収した調査票のチェック。
エクセルへのデータ入力。

第9回 データ集計の基礎

度数分布表、クロス集計表について学ぶ。

第10回 データの分析

回収したデータの各自の分析。

第11回 統計的検定と仮説の検証

クロス表分析、χ2乗検定について学ぶ。

第12回 調査レポートの作成

問題意識、仮説、基礎集計、データの分析、仮説の検討、まとめの書き方を学ぶ。参考文献を探す。

第13回 調査レポートの作成

問題意識、仮説、基礎集計、データの分析、仮説の検討、まとめをレポートにする。

第14回 分析結果の発表

各自が作成したレポートについて発表。
発表へのコメント。

第15回 分析結果の発表

各自が作成したレポートについて発表。
発表へのコメント。レポートの提出。