トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 社会調査論Ⅱ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・学際科目
担当者 乾 順子(准教授)
グレード G3
テーマ 社会調査、データの集計、分析方法を学び、レポート作成を行う。
キーワード 標本抽出,度数分布表,クロス集計表,χ2乗検定,仮説の検定
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 社会調査論Ⅰで行った調査データをもとに実際に簡単な分析を行う。ここでは調査結果を読み解く力、仮説を検証するデータ整理、結果を読み解く力、レポート作成力を身に着けることを主眼とする。学生が実際に考え、調査し、分析するというアクティブ・ラーニングを取り入れる。標本抽出や統計的な分析手法についても学ぶ。
具体的には、実際の調査結果の分析から、多角的・複眼的見地からの考察力、さらに課題解決に向けた構想力を養っていく。
履修条件 春学期に開講する社会調査論Ⅰと連続して履修することを前提とします。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 法学部専門教育科目の1つです。2,3,4年生を対象とします。

学修の到達目標 社会調査とはどのようなものかが分かり、代表的な調査とその特徴を理解する。
質問紙調査票(アンケート調査票)をグループごとに実際に作成し、得られたデータから何が分かるかをまとめる。さらには、自分たちで設定した仮説を検証するクロス表を作成し、統計的検定を行ったうえで、その結果をレポートにまとめる。
授業の方法 講義とグループワーク、実習を行います。個人で調べたり、グループで意見を交換しあったり、発表してもらうこともあります。また、講義内容について、順番・内容の変更もあり得ます。
授業外の学修(予習・復習等) 社会問題に関する情報を広く新聞・テレビなどのメディアから取り入れておいてください。その際その情報を鵜呑みにするのではなく、その出典、根拠を調べてみましょう。

テキスト・参考書 『新・社会調査へのアプローチ―論理と方法』 大谷信介、後藤 範章、小松洋、木下栄二、2013年、ミネルヴァ書房
『政策リサーチ入門―仮説検証による問題解決の技法』伊藤修一郎、2011年、東京大学出版会
『社会調査のための統計データ分析』廣瀬毅士、寺島拓幸、2010年、オーム社
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加の程度(30%)、期末レポート(70%)によって評価します。
履修上の注意事項など 身のまわりの出来事、社会での出来事について、常に興味をもち、疑問や違和感を感じることがあれば、心に留めておくようにしてください。ニュース等にも積極的に触れ、その出典、根拠を調べるように努めてください。
この科目の履修にあたって 社会調査について学ぶことにより、仮説検証による問題解決の方法を身に付けることができます。世の中に流布している言説が妥当であるのか、そうでないのかをデータをもとに実証できることは、今後社会人として生きていくうえで大いに役立つでしょう。

オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、数学の基礎、公務員試験対策


第1回 ガイダンス

講義の進め方の説明

第2回 データの入力

春学期に実施した調査データの入力

第3回 度数分布表の作成とデータのエラーチェック

度数分布表の作成とデータの入力ミスなどのチェックを行う。選択肢にない番号が入力されていないかどうかの確認を行う。

第4回 度数分布表の作成

度数分布表の完成させる。

第5回 度数分布表から分かることのまとめ

度数分布表からわかることをまとめる。

第6回 クロス表分析

クロス表分析とは何かを説明する。各自の仮説を検証するためのクロス表を作成してもらう。

第7回 クロス表分析とχ2乗検定

統計的に意味のある差であるかどうかを確かめる方法としてχ2乗検定について説明する。

第8回 クロス集計表と結果の解釈

クロス集計表により、仮説の検定を行う。

第9回 仮説の検定結果―仮説は支持されたか

クロス集計表により、仮説の検定結果を解釈する。

第10回 代表値、分散、標準偏差とは

量的データの特性を表す基本的な指標として代表値、分散、標準偏差を学ぶ。

第11回 正規分布とは

正規分布について説明する。

第12回 問題意識、背景、仮説の検証についてのまとめ

各自が問題意識、背景、度数分布表、クロス集計表をまとめる。

第13回 問題意識、背景、仮説の検証についてのまとめ

各自が問題意識、背景、度数分布表、クロス集計表をまとめる。

第14回 結果の発表

まとめたものを発表する。

第15回 個人によるレポートの完成

まとめたものを発表する。各自のレポートの完成。