トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 金融と法
   Financial Institutions and Securities Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・企業法系
担当者 小野木 尚(准教授)
グレード G3
テーマ 金融商品取引法の基礎を学ぶ
キーワード 金融商品取引法,証券市場,証券,株式,社債,デリバティブ取引
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 会社などがその事業活動のために多くの資金を必要とする場合、株式や社債を発行するなどして広く投資家から資金を集めることがあります。また、投資家は一旦取得した株式や社債などを市場で売買することにより、満足を得ることもできます。金融商品取引法は、このような証券を含む様々な金融商品について規律する法であり、この分野を学ぶことは、実際の金融実務を理解することにつながります。
履修条件 特にありませんが、会社法の基礎知識があることが望ましいです。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、DPのうち特に「個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力」を養成するものである。
この科目は、法学部の現代社会キャリアコースの基本科目です。
会社法の周辺規則であるため、会社法概論を履修中または将来履修することが望ましいですが、授業中に会社法との関連事項について適宜補足説明をします。
学修の到達目標 ①金融商品取引法の目的について説明できる。
②株式とは何か、社債とは何か、証券の発行・流通市場とは何か、証券発行開示規制、継続開示規制とは何かを説明できる。
③公開買付けの規制、インサイダー取引の規制、相場操縦の規制等について説明できる。
授業の方法 基本的にレジュメを配布し講義形式で行いますが、適宜質疑応答を交え、双方向型の授業を目指します。
授業外の学修(予習・復習等) 新聞などに毎日目を通し、金融商品関連の記事を読んで、金融商品に関する具体的なイメージを掴めるようにすること。
前回の授業の復習を行い、その内容についての質問に答えられるようにすること。
テキスト・参考書 テキストは特に指定しない。
参考書については、第1回目の授業で紹介する。
成績評価の基準・方法 定期試験(論述式)、小テスト、授業への貢献度を総合的に判断して成績評価を行います。
具体的には、定期試験(60%)、小テスト(20%)、授業への貢献度(コメントペーパーを含む)(20%)で評価します。
履修上の注意事項など 質疑応答を交えて、双方向型の講義を行う予定ですので、積極的に授業に参加することが求められます。受講生の理解度、興味関心に応じて、多少講義内容が変更する可能性があります。
この科目の履修にあたって 企業が事業を行うには資金が必要ですが、その資金はどのように調達するのでしょうか。この科目では、資金調達の基本的な仕組みを理解した上で、そのような仕組みの1つである有価証券の取引をめぐる様々な規制について学んでいきます。
オフィスアワー 火 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、英語の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路                        


第1回 ガイダンス、証券市場とは何か、金商法の目的とは何か

証券市場とは何か、金商法の意義とその役割とは何かについて検討する。

第2回 有価証券とは何か

有価証券とは何か。その種類と内容について検討する。

第3回 有価証券の取引方法

有価証券の取引の仕組みについて検討する。

第4回 金融商品取引所をめぐる規制

金融商品取引所とは何か、またその規制の内容について概要を検討する。

第5回 企業内容の開示規制①

発行開示規制について検討する。

第6回 企業内容の開示規制②

継続開示規制について検討する。

第7回 企業内容の開示規制③

開示の実効性を確保するための規制内容について検討する。

第8回 金融商品取引業者の規制①

金融商品取引業の意義、開業規制と登録制度等について検討する。

第9回 金融商品取引業者の規制②

金融商品仲介制度、外務員への規制、その他の規制について検討する。

第10回 企業支配に関する開示制度

公開買付け制度、株券等の大量保有者による開示義務などについて検討する。

第11回 投資信託及び集団投資スキーム

投資信託、集団投資スキームについて検討する。

第12回 不公正取引の規制①

詐欺的行為の禁止を定める包括規定、インサイダー取引の規制について検討する。

第13回 不公正取引の規制②

相場操縦の規制、金融商品取引業者による不公正取引について検討する。

第14回 デリバティブ取引

デリバティブ取引の概要について検討する。

第15回 講義のまとめと質疑応答

講義全体についてまとめ、それにかかわる質疑応答の時間を設ける。