トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 環境訴訟論
   Enviromental court
授業科目区分
法学部専門教育科目・学際科目
担当者 青田 テル子(講師)
グレード G3
テーマ 環境紛争の処理の仕組みを理解し、分析する
キーワード 環境行政訴訟,環境民事訴訟
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 最初に環境法の基本理念や法原則を確認する。履修者がそれを理解していることを前提に、公害健康被害に対する救済のあり方、環境紛争の解決方法について可能なかぎり具体例を扱いつつ講義していく予定である。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、法学部公務員コース、現代社会キャリアコースの専門科目コースモデル科目です。
この科目は、学位授与方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2. 個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
学修の到達目標 履修者は、環境公害訴訟(民事訴訟と行政活動に対する環境訴訟)について、その仕組みを理解・検討することを通じて、環境問題への対応のあり方などを各自が自分自身で考える基礎的な力をつけることができる。
授業の方法 講義方式を予定している。六法は必ず持参すること。通常の携帯用六法では対応しきれないような環境関連の法令を参照する際はこちらで資料を用意する。
到達目標を達成するために小テストを複数回実施する予定であるが、その際に必ず解説・解答を行う。
授業外の学修(予習・復習等) テキストの指示された箇所と、配付資料等は、次回の講義までに読んで予習してくること。予習・復習として教科書中の該当箇所は熟読すること。予習・復習には2時間程度かかるものと想定される。
テキスト・参考書 テキストとして、『環境法  有斐閣ストゥディア  』北村 喜宣 (上智大学教授)/著(2015年)ISBN 978-4-641-15019-5を指定する。
毎回の授業でテキストを参照するので、必ず購入し持参すること。

参考書は講義内容に応じてその都度紹介する。

成績評価の基準・方法 80%は定期試験の成績により評価する、20%は小テストやミニレポートを含めた授業でのとりくみにより評価する。
履修上の注意事項など (1)指定テキストと六法は必ず持参すること。
(2)民法、行政法を履修済みであることが望ましい。これらを履修済みでなくともこの講義を履修することは可能である。その場合は不明な点等が出てきたときは積極的に質問するなどしてほしい。
(3)学修等に関し一斉に連絡をする必要がある場合には授業内で連絡するほか、WEB履修(IT'S CLASS)を利用する。
この科目の履修にあたって 公害・環境問題にもいろいろなものがあり、それらに対する救済方法も多様である。この講義では主として行政判例・民事判例を扱うが、環境法が様々な法分野に関連しているということをそれら判例を通じて実感できる機会となるであろう。公務員として公害被害救済に関わる場合、一市民として公害・環境問題に立ち向かう場合、履修者はいろいろな立場からの考察をしてみてほしい。
オフィスアワー -


第1回 オリエンテーション

講義概要と評価方法などの説明

第2回 公害・環境問題(1)

訴訟を学ぶ前に、公害・環境問題に関する基本的な事項を確認する

第3回 公害・環境問題(2)

引き続き、公害・環境問題に関する基本的な事項を確認する。

第4回 環境行政訴訟(1)

取消訴訟(1) 行政訴訟の類型を概観し、そののち抗告訴訟のうち、取消訴訟を説明する。

第5回 環境行政訴訟(2)

取消訴訟(2)判例などを参照しつつ、環境行政訴訟の中でも重要な、取消訴訟の訴訟要件のうち、処分性、原告適格を中心に。事情判決についても扱う。

第6回 環境行政訴訟(3)

取消訴訟以外の抗告訴訟のついて

第7回 環境行政訴訟(4)

住民訴訟

第8回 環境行政訴訟(5)

環境行政訴訟のまとめ 

第9回 環境民事訴訟(1)

公害問題・環境問題における損害賠償①
違法性
①~③は受講者の理解度に合わせて進度を調整する

第10回 環境民事訴訟(2)

公害問題・環境問題における損害賠償②
故意・過失

第11回 環境民事訴訟(3)

公害問題・環境問題における損害賠償③
因果関係・賠償額

第12回 環境民事訴訟(4)

差止訴訟

第13回 環境民事訴訟(5)

環境民事訴訟のまとめ

第14回 訴訟以外の環境紛争処理制度

訴訟以外の環境をめぐる問題を解決するための制度について概観する

第15回 まとめ

全体のまとめと進度調整の予備日とする