トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 子どもと法
   Children and Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・学際科目
担当者 森 征樹(講師)
グレード G2
テーマ 子どもをめぐる法と社会
キーワード 子ども,未成年,パターナリズム,少年法,児童福祉,子どもの権利,学校教育,制限行為能力者
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  選挙権年齢の18歳への引き下げにともなって、成年と未成年との区別、そこでの取り扱いの違いなどが大きな関心をよんだことは記憶に新しい。子ども(未成年)は大人(成年)とどこが同じで、どこが違うのか。同じなのに違って扱っていいのか、あるいは違っているのに同じように扱っていいのか。子どもは発達途上といわれるが、その発達段階はどう考えたらいいのか。このような子どもの特性に合わせた制度はどうなっているのか。このことを法制度の面から、法は子どもとどのように向き合うべきなのかを考える。
 一般的な法のあるべき形を検討した後、子どもが生活する空間をいくつかに分類しながら個別の法がどのようになっているのかを見ていく。
履修条件  特に条件は設けない。
科目の位置づけ(DPとの関連)  憲法、行政法、民法、刑法、刑事訴訟法、社会法など他の様々な法分野にまたがる内容を扱っており、それぞれの法分野への架け橋となる側面と、各法分野を深めるという側面とを持ち合わせている。将来、子どもとかかわることが少なくないであろうから、すべての学生が身に着けておくことが望ましい科目である。
学修の到達目標  子どもを成長発達段階の中に位置づけ、子どもの保護と自立・自律という観点から現行の法制度を批判的に見ることができることを目標にしている。
授業の方法  講義形式で進める。講義終了後には毎回コメントカードを提出してもらう予定である。
授業外の学修(予習・復習等)  予習としては、日々のニュース等で、子どもについて現在どのような問題が語られているのか注目していてほしい。そして、講義でやったことについては、忘れないうちに毎回復習しておくこと。
テキスト・参考書 テキスト:丹羽徹(編)『子どもと法』法律文化社、2016年。
参考書はテキストに記載されているもののほか、必要に応じて適宜指示する。
成績評価の基準・方法  論述式の最終試験(60%)、レポート(20%)、講義への積極的参加ならびにコメントカードの内容(20%)。詳細は第1回目の講義に説明する。
この科目の履修にあたって  だれでもが通過してきた子ども期である。あらためて振り返えるとともに「子ども」とは何であるかを今一度考え直してみてほしい。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

講義の進め方、最終試験及び単位認定について

第2回 子どもと法・概説①

子どもの人権、「子ども」を法はどのように定めているか

第3回 子どもと法・概説②

国際化と子ども

第4回 家庭と子ども①

親子関係の成立。

第5回 家庭と子ども②

医療技術の発達と親子関係 

第6回 家庭と子ども③

親権の範囲はどこまで及ぶか

第7回 福祉と子ども

子どもの福祉を考える

第8回 学校と子ども①

学校は何のためにあるのか

第9回 学校と子ども②

教育を受ける権利とは何か

第10回 学校と子ども③

障害のある子どもの教育を受ける権利を考える

第11回 学校と子ども④

いじめ、体罰を考える 

第12回 少年非行を考える

少年非行の手続きと処遇

第13回 子どもの貧困

子どもの貧困への対処は

第14回 国際社会と子ども

子どもの権利条約と世界の子ども

第15回 まとめ

総復習講義、試験対策