トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 地域生活と法
   Community and Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・学際科目
担当者 西脇 邦雄(教授)
グレード G3
テーマ 健康と地域福祉を考える
キーワード 人口減少社会 ,コミュニティの崩壊,高齢介護,子育て支援,子どもの貧困,生活保護自立就労支援,生活困窮者支援 ,八尾市市制70周年
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)公務員コース基本科目(2011年度以前入学生),(法)生活環境コース基本科目(2011年度以前入学生)
3年生 (法)公務員コース基本科目(2011年度以前入学生),(法)生活環境コース基本科目(2011年度以前入学生)
4年生 (法)公務員コース基本科目(2011年度以前入学生),(法)生活環境コース基本科目(2011年度以前入学生)

授業の目的及び概要 地方公共団体が大学を地域の資源として見直し、大学も地域連携の重要なパートートして相互に連携することが教育、研究活動にとって重要になりつつある。八尾市の職員との共同研究の場としても活用されていたこの授業は、八尾市の担当、地域で活動されている市民、本学の教員、学生が共通の問題意識で議論する貴重な場でもある。
 今年度のテーマは、健康と地域福祉を考える。少子高齢化、人口減少というトレンドは変わらず、合計特殊出生率の推計で我が国人口は1億人を破ることが想定されている。高齢化とコミュニティの崩壊による孤独死などの孤立の問題。ひとり親家庭や障がい者、外国籍住民など課題のある市民を社会的に孤立させず、インクルージョンする社会をどう構築するか問われている。現実の課題を知るために、切れ目のない子育て支援、子どもの貧困問題、自立支援などに取り組んでいる八尾市の行政と連携して授業を進める。本年は八尾市制70周年、中核市移行の都市でもあり、保健所行政が八尾市に移管される。現場で起こっている課題を理解し、政策づくり、政策法務を考える場とする。
履修条件 先行履修科目は特に指定しない。
科目の位置づけ(DPとの関連)  G3 2.3.4回生が対象。 DPとの関連では以下が参照される。
1. 自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している。
2. 個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
3. グローバル化する現代社会の一員として、他者と協調・協働できる能力を身につけている。
4. 論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につけている。
CPは、法学部専門教育科目、学際科目の位置づけです。
学修の到達目標 憲法25条「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」として、生存権が規定され、生活保護や様々な社会保障制度が確立されてきた。今期授業では保健所の機能、コミュニティ再生と地域福祉の関係、伴奏型支援に福祉の支援方法が変化している点を学修し、現場の課題と施策について理解を深める。健全な市民社会の形成にとってこれからの社会人が身につけるべき不可欠のジェネリックスキルとなる。
授業の方法 子どもの貧困、子育て支援、高齢介護、生活困窮者支援、健康まちづくりなど、それぞれについて専門の研究者や行政担当者、当事者からの現状を聴く機会を重視して、オムニバス形式の授業とする。
パワーポイントの資料、 DVDを使用する。毎回のコメントシートでの理解度のチェックと質問への回答を行い理解を深める。
授業外の学修(予習・復習等) 各講師の用意する資料を復習し、現実に生じている問題への対応を理解してほしい。
テキスト・参考書 各講師のレジュメ、参考資料を配布する。
成績評価の基準・方法 コメントシートの提出による理解度のチェックと質問などの授業参加の積極的姿勢(50%)および授業中試験(50%)によって評価する。
この科目の履修にあたって 外部講師の招聘を行い、市民聴講生と学ぶ場ですので、遅れてきた際の入室のマナーなどに気をつけてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

人口予測、極点社会の到来ー増田レポート

第2回 地域コミュニティの再生、街づくりの課題

東淀川区のまちの再生にとりくむ住民の方の現場の声を聞く

第3回 地域福祉の課題

障害者権利条約と日本の障害者施策

第4回 地域福祉の課題

障害者施策と人権

第5回 地域福祉の課題

地域福祉の現状と課題

第6回 地域福祉の課題

人口減少問題とまちづくり

第7回 地域福祉の課題

外国籍住民の社会保障

第8回 地域福祉の課題

見えにくい女性の貧困

第9回 地域福祉

八尾市の地域福祉政策

第10回 子育て支援

・妊娠・出産・育児の切れ目のない支援
・子どもの貧困問題     

第11回 健康まちづくり

保健所の移管、健康まちづくり

第12回 自立支援

ワーキングプア、生活保護とセーフティネット

第13回 自立支援

就労体験.COMで、自分にあったキャリアを発見

第14回 自立支援

生活困窮者自立支援法?私たちの何を助けてくれるのか?!

第15回 まとめ

授業中試験