トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 21世紀日本の議会と行政
   Japanese Parliament and Admnistration in 21st Century
授業科目区分
法学部専門教育科目・政治学系
担当者 伍 躍(教授),西脇 邦雄(教授)
グレード G2
テーマ 政治家・公務員から見た現代日本政治の特徴
キーワード 国会,国会議員,地方議員,行政,首長,公務員,官僚,議員秘書
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  新聞を開き、政治についての記事が掲載されていない日はない。しかし、政治は何か取っ付きにくく、難しく、「ワケノワカラナイ」世界だと考えている学生が多い。新聞を読む人でも、政治欄は読まないという人も多いだろう。私たちが社会の中で生活する以上、政治と無関係には生きることができない。子ども手当の給付、消費税の税率等々、これらは、政治によって決められている。
①学生は本授業を通じて、ダイナミックに展開している現代日本の議会・行政に対する知識を深め、議会や行政に対する興味関心を高めることができるほか、政治を身近に感じることができる。
②将来、公務の仕事に就くことを考えている学生は、この授業を通じて公務についての意義や役割を理解することができ、公務への就職に向けた意欲を高めることもできる。
将来公務員や政治家をめざす学生に対し受講を推奨するが、先にも述べたように、政治は社会で生きるすべての人に関係してくるものなので、公務員・政治家志望でない学生の受講も大歓迎である。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 法学部が開講する専門教育科目・政治学系の講義科目である。
なお、この科目は、「学位授与方針(DP)」に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。
 1. 自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している。
学修の到達目標 この科目の到達目標は以下のように設定する。
①学生は本授業を通じて、ダイナミックに展開している現代日本の議会・行政に対する知識を深め、議会や行政に対する興味関心を高めることができるほか、政治を身近に感じることができる。
②将来、公務の仕事に就くことを考えている学生は、この授業を通じて公務についての意義や役割を理解することができ、公務への就職に向けた意欲を高めることもできる。
授業の方法 本学の客員教授には現職、元職の政治家・公務員が多数在籍している。これらの客員教授によるリレー講義を本授業の中心とし、現場での経験から現代日本政治の実態を学ぶ。教材としては、毎回の授業のテーマに沿った資料を適宜配布し、必要に応じて参考文献を用意する。
一方的な講義形式のみならず、可能な限り、双方向型の授業を心掛ける。また、パワーポイントやDVDなど視聴覚教材の活用等も含め、わかりやすくかつ興味深くなるような授業運営を心掛ける。
授業外の学修(予習・復習等) 新聞・テレビ・ラジオ・インターネットを利用して毎日のニュースを確認すること。
テキスト・参考書 特定の教科書は使用しない。
授業は、基本的には、レジュメを配布し、適宜必要に応じて参考文献を紹介する。
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加度、特に授業中の質疑応答を重視するが、基本知識の有無、理解力、思考力に重点を置いて判断する。
小テストや授業への参加態度(50%)、および定期試験(50%)によって総合的に評価する。詳細については、授業中にて説明する。
履修上の注意事項など 客員教授や外部講師によるオムニバス形式の授業が主になる。
首長や現職、元職の政治家のお話を直接聞く機会が多くある。
また、市役所の見学や議場の見学など、特別な配慮をしていただき貴重な経験ができる授業となっている。
積極的な参加を求める。
この科目の履修にあたって 新聞を1面から読み、同時代に起きている様々な社会問題に対して興味関心を持ちながら、授業に臨んでもらいたいと考えている。
オフィスアワー 伍 躍
木 12:10~13:00 国際部(E号館1階) 授業の質問、大学院進学(文系)
火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 

西脇 邦雄
水 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、キャリアと進路


第1回 ガイダンス

授業の趣旨説明
担当:伍躍

第2回 政党と議会政治Ⅰ

八尾市議会/市役所 見学 八尾市長表敬訪問
担当:伍躍

第3回 政党と議会政治Ⅱ

政党の誕生と議会の開設
担当:西脇邦雄

第4回 地方自治Ⅰ

地方議会のシステムと運営
担当:西脇邦雄

第5回 地方自治Ⅱ

府県の役割と地方分権
担当:伍躍

第6回 国政Ⅰ

国会の役割1
担当:伍躍

第7回 国政Ⅱ

国会の役割2
担当:伍躍

第8回 国政Ⅲ

国会の役割3
担当:伍躍

第9回 国政Ⅳ

国家公務員
担当:西脇邦雄

第10回 地方自治Ⅲ

大阪府の教育行政
担当:西脇邦雄

第11回 地方自治Ⅳ

八尾市の行政と予算
担当:西脇邦雄

第12回 地方自治Ⅴ

地方議会の役割
担当:西脇邦雄

第13回 政治の論点Ⅰ

憲法改正を考える
担当:西脇邦雄

第14回 政治の論点Ⅱ

福島原発事故の現状と課題
担当:西脇邦雄

第15回 まとめ

総括
(授業の進捗状況・ゲストスピーカーの都合により、上記の授業計画を微調整する可能性があります)
担当:伍躍