トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ビジネス法務 〈企業法通論〉
   Business Law and Practice〈Commercial Law (General Provisions)〉
授業科目区分
法学部専門教育科目・企業法系
担当者 オランゲレル(烏蘭格日楽)(教授),小野木 尚(准教授),石上 敬子(准教授)
グレード G2
テーマ ビジネスにかかわる法の横断的学習
キーワード 民法,会社法,手形小切手法,商行為法、国際取引法,債権総論(債権回収法),債権各論(契約法、不法行為法),独占禁止法,消費者法,労働法,家族法
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)
3年生 (法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 ・1年次の「財産法入門」をビジネスベースに置き換えて発展させ、専門科目の学修へとつなげる
・3年次以降で学ぶビジネスにかかわる法律を通覧し、それぞれの法律のイメージをつかむ
・現代社会キャリアコースの導入科目として「ビジネス実務法務検定」3級レベルの法的知識を学ぶ
(オムニバス方式/石上敬子・小野木尚・烏蘭格日楽・各5回)
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DPとの関連) ・当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけることを目指します。
・現代社会キャリアコースの導入科目です。民間企業就職志望者は必ず受講されることを勧めます。
・公務員志望者も、民間企業就職も選択肢としてもっておくため、ぜひ受講されることを勧めます。行政職では特に、近時の求められる人材像は「民間企業就職もできる力のある者」だと言われています。
学修の到達目標 1.ビジネスにかかわる法律の概要を把握し、基本的で重要な概念や事項について、具体例を挙げながら説明できる。
2.ビジネスにかかわる法律の機能、役割、相互の関係について理解し、法知識を実務において活用できる。
3.「ビジネス実務法務検定」3級レベルの法的知識を習得する。
授業の方法 ・講義形式で行う。
・担当教員により適宜パワーポイント等を用いる。
・講義中は積極的な発言を求める。
・小テストを行う場合がある。
授業外の学修(予習・復習等) ・日頃から新聞を読むようにし、授業内容とどう関わるか考察すること(予習)。
・配布レジュメを基に疑問点を整理し、次回の講義において質問ができるようにすること(復習)。
テキスト・参考書 教科書:特に定めない。六法は必携。
参考書:担当教員が授業内で適宜指示する。
成績評価の基準・方法 レポート試験(80%) 小テストやコメントシートなど(20%)
この科目の履修にあたって 企業が日々行う取引には、様々な法律が関わっています。この講義を通じて、企業取引をめぐる様々な法律関係を規律する法律について、その概略を理解し、その後の専門科目の履修へと繋げていくことを期待します。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の概要、授業計画の説明(石上)

第2回 ビジネスに典型的な契約

民法(契約法)、商行為法(石上)

第3回 ビジネスの主体:会社(設立を中心に)

会社法(小野木)

第4回 ビジネスの主体:会社(資金調達を中心に)

金融商品取引法(小野木)

第5回 ビジネスにおける決済方法

手形小切手法(小野木)

第6回 ビジネスの国際展開

国際私法、国際取引法(小野木)

第7回 ビジネスにおけるトラブル解決

民事訴訟法、国際民事手続法(小野木)

第8回 特殊なビジネス:スポーツビジネス

※ゲスト講師を招聘予定(石上)

第9回 ビジネスで生じる債権の回収①

担保法(石上)

第10回 ビジネスで生じる債権の回収②

民事執行法、民事保全法(石上)

第11回 会社に対する法規制

独占禁止法、消費者法等(烏蘭格日楽)

第12回 会社の内部関係①

労働基準法(烏蘭格日楽)

第13回 会社の内部関係②

労働契約法(烏蘭格日楽)

第14回 会社の内部関係③

労使関係法(烏蘭格日楽)

第15回 総括

全体のまとめ(烏蘭格日楽)