トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 政治制度論Ⅱ
   The Theory of the Political Institution Ⅱ
授業科目区分
法学部専門教育科目・政治学系
担当者 長澤 高明(講師)
グレード G3
テーマ 外国の政治制度とその運用の比較
キーワード 圧力団体,コーポラティズム,政党
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 春学期の政治制度に関する用語の理解を前提に各国の政治制度を説明する。対象とする国はヨーロッパ諸国とアメリカ合衆国、ロシア、中国、韓国、インドなどである。 各国の政治制度を知ることで、より広い視野を育成することを目的とする。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、今後新聞の国際ニュースを読む場合、より深く理解できる知識を身につけることができる。
学修の到達目標 留学生の多い昨今、 その国の政治制度をより深く知ることでコミュニケーションをより一層円滑に行えるようになる。また外国の制度を知ることで、日本の制度をより一層深く理解できるようになる。
授業の方法 テキストは使用しない。担当者の作成したプリントを使用する。そこに必要事項を書き込んでいけばより充実したノートとなるように工夫してある。また、話が抽象的になるのはある程度いたし方ないことだが、なるべく具体的な説明をするように心がける。講義の冒頭に時事問題を解説する。情報端末を利用することがある。
小テストを3回実施し、採点した上で返却し、解説する。論述試験の結果について講評する。
担当者の外国での体験も紹介したいと思っている。
授業外の学修(予習・復習等) 授業で配布したプリントを必ず見直し、まとめておくこと。課題を提出すること。
テキスト・参考書 参考書はそのつど指示する
成績評価の基準・方法 講義中に3回小テストをおこなう(30%)。これとは別に論述試験をおこなう(70%)。
履修上の注意事項など できれば春学期の政治制度論Ⅰを取っておくことが望ましい。
この科目の履修にあたって 分からない箇所が出てきたら必ずすぐに辞書を引く習慣をつけること。
オフィスアワー


第1回 アメリカの政治制度①

アメリカ政治制度史概説。大統領と議会。上院と下院。

第2回 アメリカの政治制度②

大統領選挙と議会選挙。共和党と民主党。圧力団体と政策決定過程。

第3回 フランスの政治制度①

フランス政治制度史概説。共和制の歴史と地方自治体。

第4回 フランスの政治制度②

ランス大統領と議会。選挙制度。コアビタシオン。

第5回 ドイツの政治制度①

ドイツ政治制度史概説。州制度。首相と議会。

第6回 ドイツの政治制度②

選挙制度。政党。

第7回 イタリアの政治制度

イタリア政治制度史概説。選挙制度。

第8回 コーポラティズム型政治形態

ヨーロッパ小国。スイス。オーストリア。ベルギー。オランダ。ルクセンブルク。

第9回 北欧諸国の政治制度

連合政権。社会福祉。オンブズパーソン。選挙制度。

第10回 カナダの政治制度

カナダ政治制度史概説。連邦制。選挙制度。

第11回 ロシアの政治制度

ロシア政治制度史概説。多民族国家。国家機関と選挙制度。

第12回 中国の政治制度

中国政治制度史概説。地方制度と少数民族問題。中国共産党。国家機関。

第13回 韓国の政治制度

韓国政治制度史概説。大統領と議会。選挙。

第14回 インドの政治制度

インド政治制度史概説。多言語。宗教。多様な地方政治勢力。選挙。

第15回 授業まとめ

第1回から第14回までのポイントを整理・解説し、基礎知識が身についているか確認します。