トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

  行政学Ⅰ
   Public Administration Ⅰ
授業科目区分
法学部専門教育科目・政治学系
担当者 伊藤 慎弐(講師)
グレード G2
テーマ 行政の仕組みを理解する
キーワード 行政学,政治学,官房学,アメリカ行政学,統治機構
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)
4年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 我々の社会生活において、行政の活動は密接に関連しており、切っても切り離せない関係にある。例えば、教育、医療、社会保険、公共交通といったソフトからハードまで様々な公共サービスが公的機関(国や地方公共団体)によって提供されている。
これらの公共サービスは、誰にどのような仕組みに基づいて提供されているのだろうか?その疑問に答えるために本講義では、主に以下の3つのテーマについて扱い、行政の仕組みを理解することを目的としている。「国の行政制度」・「公務員制度」・「地方自治」について説明する。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 公務員コース及び国際関係コースのコース基本科目。政治学系の諸科目を履修しているまたはすることが望ましい。
また、『行政学Ⅱ』もあわせて履修することが望ましい。
学修の到達目標 「行政学」における「行政の捉え方」と「行政の制度」「地方自治」について理解し、政治・経済・社会の現象について分析する際に必要な基礎力を身につけること。
授業の方法 講義形式による。レジュメを適宜配布する。
授業外の学修(予習・復習等) 新聞、ニュース等を常日頃から関心をもって確認し、政治・経済・社会問題について接しておくこと。講義で得られた知識が、実際生じている問題や現象を説明するか、考察すること。
テキスト・参考書 教科書は特に指定しない。行政学の一般的なテキスト(参考書)として以下のものを挙げておく。
西尾勝『行政学(新版)』(有斐閣,2001年) 
村松岐夫『行政学教科書(第2版)』(有斐閣,2001年)
礒崎初仁・金井利之・伊藤正次『ホーンブック地方自治(改訂版)』(北樹出版,2011年) 
真渕勝『行政学』(有斐閣,2009年)
佐藤竺[監修] 今川晃,馬場健[編] 『市民のための地方自治入門』(実務教育出版,2009年)
稲継裕昭『地方自治入門』(有斐閣コンパクト,2011年)
成績評価の基準・方法 中間テスト(20%)
期末テスト(60%)
リアクションペーパー(20%):数回リアクションペーパーの提出を求めます。

履修上の注意事項など 私語スマートフォンの使用等、授業の進行を妨げる行為を行う者には、退席をもとめることがあるので注意してください。
講義形式によって授業を進行するが、リアクションペーパー等を通じ双方向のやり取りを行いたい。
リアクションペーパー等で受け付けた質問等について次回の講義の冒頭で回答するので、講義への積極的な参加を望みます。
この科目の履修にあたって 国や地方の行政の仕組みがどのようになっているか等の興味関心を持った上での受講を望みます。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

本講義の「行政学」の位置づけや内容、講義全体の進行、講義受講の際の注意点、成績評価の基準等についてガイダンスを行う。

第2回 「行政」と「行政学」の歴史

行政学の対象である行政についての概念と定義、行政学の歴史について説明する。

第3回 我が国の統治機構(1)

司法・立法・行政の関係と国の行政組織について説明する。

第4回 我が国の統治機構(2)

内閣制度と中央省庁について説明する。

第5回 国家公務員制度(1)

国家公務員制度について説明する。

第6回 国家公務員制度(2)

公務員の人材についての映像を元に解説する。

第7回 中間テスト

第1回~第6回までをテスト範囲として、中間テストを行う。

第8回 予算制度

予算制度と予算決定方式について説明する。

第9回 行政改革

行政改革の意義と我が国の行政改革について説明する。

第10回 行政責任と行政統制

ファイナーとフリードリッヒの責任論争、足立忠夫の責任論、ギルバートの行政統制等を中心に行政の責任概念と行政統制について説明する。

第11回 地方自治(1)

地方自治の概念と歴史、地方自治研究の方法と考え方について説明する。

第12回 地方自治(2)

地方公共団体の種類と仕組み、大都市制度について説明する。

第13回 地方自治(3)

地方財政制度について説明する。

第14回 地方自治(4)

行政と参加の紹介と仕組みについて説明する。

第15回 まとめ

これまでの講義の内容を総括する。