トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 政治学原論
   Principles of Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・政治学系
担当者 田代 和也(講師)
グレード G3
テーマ どのように政治は動いているのか、いかに政治学はそのことを説明できるのか。
キーワード 政治学,政治経済学,国際関係論,政治史,政策分析
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
4
コース 3年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 政治学の基本となる概念や理論を学んだ上で、さまざまな時代や地域の政治や政策について自分なりの分析ができるようになることを目標としている。各人の政治全般に対する理解を深めると同時に、より専門的な研究を行う能力を準備する。
履修条件 -
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は法学部の学位授与方針(DP)に定める、学生が学修を通じて身に着ける能力のうち、以下に該当する。
1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している。
4.論理的な思考力と豊かな表現力とともに幅広い教養および実践感覚を身につけている。
学修の到達目標 国内政治または国際政治の事例について、政治学の概念を駆使しながら自身で調査研究を行い、その成果を論文の形式にまとめて発表することができる。
授業の方法 授業の方法は基本的に講義により、PowerPointを使用する。受講生は授業の内容を踏まえて調査研究を行い、その成果を授業中に一度発表する必要がある。その発表で講師と他の受講生からのフィードバックを受けた上で、論文を執筆する。
授業外の学修(予習・復習等) 授業での課題に主体的に取り組むため、研究文献を一つ選択し、論文執筆の準備に取り組むことが必要となる。その成果を一度授業で発表することを求める。詳細については初回の授業で説明する。
テキスト・参考書 購入すべきテキストは特に指定しないが、授業では参考文献を示す。
成績評価の基準・方法 学修の成果を評価するために、授業期間中にレポートの提出を求め(20%)、さらに期末では論文による審査を行う(70%)。また毎回の授業への参加の度合い、コメントペーパーでの質問・コメントの内容によって加点を行う(10%)。
履修上の注意事項など 基本的に学んでおかなければならない関連科目は特に指定しない。ただし、政治・経済、歴史に関する科目を積極的に学んでいることが望ましい。
この科目の履修にあたって 普段の生活の中で認識することはないが、政治のダイナミクスには私たちの日常を一変させる潜在的な力がある。国家の興亡はまさに政治の歴史そのものであり、その中で引き起こされる戦争の勃発、経済の低迷、文化の衰退は多くの人々の生活に影響を及ぼしてくる。政治学の意義の一つは、複雑に変化する政治情勢に一定のパターンを見出し、因果関係を考察し、問題解決に必要な政策が何かを判断できるようにすることである。この授業を通じて、政治に対する関心を深めるだけでなく、独自の考察ができるようになることを願っている。
オフィスアワー


第1回 序論

政治全般について説明した上で、政治学の研究領域の区分や、この授業で取り扱う分野について説明する。また授業の狙い、進め方、成績評価についても説明する。

第2回 序論(続)

現代の国際情勢や日本の政治について理解する上で、政治学の概念や理論がどのように応用できるのかを説明する。

第3回 民主主義

政治体制としての民主主義について説明する。またプラトンの哲人政治の思想と、民主主義に対する批判を紹介する。具体的事例として、アテナイの歴史を検討していく。

第4回 民主主義(続)

アテナイの歴史におけるペリクレスの政策を取り上げ、ペロポネソス戦争で民主主義が政策に与えた影響を考える。

第5回 政治体制

政治体制を説明し、アリストテレスの混合政体論を紹介する。現代の政治学における政治体制の分類方法も併せて解説する。具体的事例として、古代ローマの歴史を検討していく。

第6回 政治体制(続)

古代ローマの歴史におけるアウグストゥスの政策を取り上げ、それが政治体制に与えた影響を考える。

第7回 官僚制

官僚制について説明する。ウェーバーの国家論と官僚制に対する分析を紹介する。具体的事例として、中国の歴史について検討する。

第8回 官僚制(続)

官僚制の特徴が、明の国内外の政策に対してどのような影響をもたらしたのかを考える。

第9回 政治家

政治家の役割を考察し、マキアヴェリの政治思想について説明する。具体的事例としてスペインの歴史を検討する。

第10回 政治家(続)

スペインが宗派間の対立に直面した際に、フェリペ二世がどのような政策を採用したのかを考える。

第11回 国家

国家の意義を考察するため、ホッブズの国家理論を紹介する。具体的事例として、イギリスの歴史を検討する。

第12回 国家(続)

イギリスで清教徒革命が発生し、それが大規模な内戦へと発展した際に、クロムウェルがどのような政策をとったのかを考える。

第13回 議会

議会の役割を説明し、モンテスキューの三権分立論を紹介する。併せて憲法と政治制度の関係にも触れる。具体的事例として、フランスの歴史を検討する。

第14回 議会(続)

絶対主義の時代のフランスでルイ十四世がどのような政策を実施したのかを考え、議会の意義についても検討する。

第15回 地方自治

地方自治について説明する。ハミルトン、マディソン、ジェファーソンの政治思想を取り上げ、具体的事例としてアメリカの歴史を検討する。

第16回 地方自治(続)

アメリカでの地方自治の仕組みや、ワシントンの指導の下で独立戦争に至った経緯について検討する。

第17回 国際関係

国際関係について取り上げ、カントの民主的平和論、クラウゼヴィッツの戦争論を説明する。具体的事例としてプロイセンの歴史を検討する。

第18回 国際関係(続)

プロイセンがフリードリヒ二世、ビスマルクの指導の下に展開した政策を紹介し、それがドイツ帝国の成立に至る経緯を考える。

第19回 政党

政党の意義を考察するため、ベンサム、ミルの議会制民主主義に関する考察を紹介する。具体的事例としてイギリスの歴史を検討する。

第20回 政党(続)

19世紀のイギリスで行われた選挙制度の改革が政策決定に及ぼした影響や、当時のイギリスの政策を考える

第21回 利益団体

利益団体について説明する。マルクス、レーニンの思想を紹介し、国内の利害の対立を検討する。具体的事例として、イギリスなどの歴史を検討する。

第22回 利益団体(続)

19世紀のヨーロッパ列強による植民地政策を検討し、第一次世界大戦の勃発との関係を検討する。

第23回 政府

政府の役割を説明する。ウェーバーの支配の正当性に関する分析を紹介し、具体的事例として、ドイツの歴史を検討する。

第24回 政府(続)

戦間期にドイツでヒトラー政権が成立した経緯と、その後の第二次世界大戦における政策を考える。

第25回 安全保障

安全保障について説明するため、カーやモーゲンソーのリアリズム、勢力均衡理論を説明する。具体的事例としてアメリカの歴史を検討する。

第26回 安全保障(続)

冷戦期におけるアメリカの政策について説明し、それがどのようにアメリカの安全保障に寄与したのかを考える。

第27回 覇権

国際政治において覇権が持つ意味を説明し、リベラリズムや国際レジームについて説明する。具体的な事例としてアメリカの歴史を検討する。

第28回 覇権(続)

冷戦が終結してからの世界情勢の変化を紹介し、アメリカの政策がそれにどのように対応してきたのかを考える。

第29回 結論

これまでの講義を振り返った上で、政治学の研究がこれまでに何を明らかにしてきたのか、これから明らかにすべき課題について紹介する。

第30回 結論(続)

受講生の質問を踏まえて、より専門的な政治学の研究を進めるための方法について述べる。