トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 世界の政治
   World Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・入門科目
担当者 矢野 哲也(教授)
グレード G1
テーマ 世界の政治を考えるために
キーワード 国際政治論,国際関係史,国際法,政治思想・過程・制度,国際平和,国際機構,国際経済,比較政治,地域研究
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2
単位数
2

授業の目的及び概要 これから世界の政治について考えてみようと思い立ったとき、そのために必要かつ役に立つ道具はいろいろあります。本授業では、そのような道具の数々を紹介し、その使い方を分かりやすく解説するとともに、その道具を使って現在の世界が直面する諸課題について実際に考えていきたいと思います。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本科目は、個人から国家間の諸関係に至るまでの現代社会の当面する諸課題を理解し、グローバル化する現代社会の一員として、その解決策を考える市民を育成するとの学位授与の方針(DP)に基づき、教育課程の編成・実施方針(CP)で定められた1・2年次生を対象とする学部の入門段階の学修レベルに位置付けられています。
学修の到達目標 グローバル化する現代社会の一員として、個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
授業の方法 ・講義形式で行うとともに映像(音声)教材を使用します。
・毎回の授業においてコメントペーパーによる学生からの意見や質問を受け付け、次回の授業において必ず教員によるフィードバックを行います。
授業外の学修(予習・復習等) 自らの考えを形成できるよう2時間以上の予習復習を心掛けて下さい。
テキスト・参考書 テキストは特に指定しません。
【参考図書】
岩田・山影・小寺・山本編『国際関係研究入門』(東京大学出版会)
成績評価の基準・方法 定期試験(50%)、レポート(30%)、コメントペーパー(20%)
履修上の注意事項など 政治学系の科目を履修することを勧めます。
この科目の履修にあたって 授業では従来の定説に囚われない創造的な発想や意見を重視したいと思います。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学(国際関係)


第1回 はじめに

講義ガイダンス

第2回 国際政治理論から見た世界の政治

現実主義と理想主義

第3回 政治思想史から見た世界の政治

民主政治と独裁政治

第4回 国際関係史から見た世界の政治

国家と人種・民族・宗教

第5回 政治過程から見た世界の政治

政治を動かす力とは

第6回 国際平和から見た世界の政治

戦争と平和

第7回 国際法から見た世界の政治

法の正義と政治の正義

第8回 国際機構から見た世界の政治

国連とNATO(米、英、仏)、ロシア

第9回 国際経済から見た世界の政治

グローバリゼーションと国家・企業

第10回 政治制度から見た世界の政治

国家とリーダーシップ

第11回 比較政治から見た世界の政治

風土と外交

第12回 地域研究から見た世界の政治(1)

欧州、アメリカ、ロシアと世界

第13回 地域研究から見た世界の政治(2)

アジア、オセアニアと世界

第14回 地域研究から見た世界の政治(3)

中東、アフリカと世界

第15回 地球から見た世界の政治

国家と人類