トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本の政治 〈政治学入門〉
   Japanese Politics
授業科目区分
法学部専門教育科目・入門科目
担当者 山口 治男(講師)
グレード G1
テーマ 政治の仕組みを基礎から学ぶ
キーワード 民主主義,議会と選挙制度,世論,内閣と行政,政党,利益団体
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2
単位数
2

授業の目的及び概要  日々流れるニュースからは、日本や世界の政治に関する情報が流れてきます。しかし、日本を形作っている社会や政治の仕組みについては、分かっているようで分かっていないことも多いはずです。選挙と民主主義は同じものでしょうか?街かどでデモをすることは民主主義なのでしょうか?私たちは自分たちの望む社会や国の形を作れているでしょうか?
 この講義では、それらの疑問について自分の頭で考え、自分の意見を持てるように、日本社会の基礎知識としての政治学を学びます。その上で、時事的な日本のニュースを毎回の講義で取り上げ、さらに世界のニュースについても関連付けて理解を広げ深められるようにしていきます。 
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 法学部で法学、政治学の専門科目を学習するために必須な知識を修得するための科目です。位置づけは入門・基礎科目です。現代社会で充実した活動をしてゆく際のきわめて重要な要素である「相互コミューニケーション」能力を向上させるために、日常使用されている法的・社会的・政治的「言葉」の正確な理解を深めるための科目です。
学修の到達目標 1.日本の社会や政治についての基礎知識を身につく。
2.日本でいま起きている事柄についての知識を深め、自分自身の意見を持ち、論述できるようになる。 
授業の方法 パワーポイントを中心とした講義形式で進める。
毎回ハンドアウトを配布するので、そこにメモを取りながら受講すること。関連する映像や動画も適宜使用する。定期的にコメントペーパーを課し、理解の度合いを測るほか、質問の内容や興味関心に応じて講義内容も調整する。
授業外の学修(予習・復習等) コメントペーパーの完成を通じて、講義内容の復習と定着を図ると同時に、関連する実際のニュースについての知識を深める。
予習として、前日までに新聞やテレビ、講義開始前にはスマートフォンなどでニュースをチェックする。
テキスト・参考書 テキストは使用しない。その日の講義内容をより広く深い理解のための参考文献については、講義内で指示する。
以下の文献は国際政治学ⅠⅡでの議論の下敷きとなるため、参考書として通読しておくことが望ましい。
佐藤史郎・上野友也・松村博行『はじめての政治学〔第2版〕』法律文化社、2017年。
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加度(20%)
:質問や発言、議論への参加などを通じた学修への意欲を総合的に判断する。
コメントペーパー(30%)
:毎回の講義時間末に作成時間をとり、提出してもらう。内容については都度指示するが、講義の内容を要約する類のものではなく、理解に基づいた自由な発想や思考を評価する。
期末レポート(50%)
:講義の内容を踏まえ、具体的な事例についてのテーマを講義内で指示する。2000字程度。Web上の資料を利用することは歓迎するが、出典を明記しないコピー&ペーストは全て0点とし、自分の考察や意見を述べていない単なる書き写しについては評価しない。講義の内容を踏まえた上で、必要な情報量と論理的思考、自由な発想を記述できているものを高く評価する。
この科目の履修にあたって 日々触れるニュースは、「なんとなく大事」だと思っていても、実際にそれがどのような問題を持っているのか、自分にどう関係しているのかが分かりにくいものも多いです。
それらを自分の目で見て、自分の頭で考えられるようにしていきましょう。興味を持ったテーマについては、その日の講義のテーマと関連していないように思えても、積極的に質問してください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

講義の概要と導入

第2回 日本の政治制度

立法・行政・司法といった基本的な仕組みのマッピング

第3回 選挙と政党

議員はどのように選ばれるのか?

第4回 国会と立法

議会の仕組みと実際の様子は?

第5回 行政の役割

内閣とは何なのか?

第6回 利益団体と政治

政治的意思決定の主導権は誰が持っているのか?

第7回 国際政治と日本の政治

日本のことは日本が決める?

第8回 冷戦後の日本のかたち

世界の中の日本、アジアの中の日本?

第9回 改めて、政治とは何か

政治とは何で、誰のものなのか?

第10回 権力と民主主義

日本は民主主義国家だろうか?

第11回 地方自治

民主主義のモデルといえるか?

第12回 マスメディアと政治

情報リテラシーと政治の関係は?

第13回 街かどの政治

デモは政治と言えるか?

第14回 補論

講義の補足と発展

第15回 総括

日本の政治と、私たちの政治を考える