トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 民事訴訟法概説 〈民事訴訟法Ⅱ〉
   Civil Procedure Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 前田 春樹(客員教授)
グレード G3
テーマ 民事訴訟の争点について判例学説を中心に学びます。
キーワード 判例を中心に基本書に沿った講義
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 民事訴訟の手続きの流れについて、具体的なケースを持ち出しながら分かりやすく解説します。特に民事裁判において弁護士はどのような役割を果たしているかについて実務を中心に説明します。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 民事訴訟法の基礎を学習
学修の到達目標 民事訴訟法についての基礎理論と判例・学説の理解並びに応用
授業の方法 講義形式で行います。出席を重視し、授業への集中を求めます。毎回レジュメを配布します。
授業外の学修(予習・復習等) 予習は特に求めませんが、復習は必要となります。
テキスト・参考書 ・民事訴訟法 第5版 [伊藤 眞]
・民事訴訟法判例百選第5版(有斐閣)
成績評価の基準・方法 授業への参加度とテスト
具体的には授業6、テスト4の割合で成績を評価する。
履修上の注意事項など 授業には六法全書を必ず持参すること。
この科目の履修にあたって 特にありません。
オフィスアワー


第1回 弁論主義 

審理の根幹である弁論主義について解説します

第2回 証拠①

自白や自由心証主義について解説します

第3回 証拠②

自白や自由心証主義について解説します

第4回 当事者の意思による終了①

訴えの取り下げ等について解説します

第5回 当事者の意思による終了②

訴えの取り下げ等について解説します

第6回 終局判決による訴訟終了(1)①

判決による訴訟終了について解説します(前半)

第7回 訴訟終了(1)②

請求の認諾・放棄について解説します(前半)

第8回 訴訟終了(2)①

訴訟の取り下げについて解説します(後半)

第9回 訴訟終了(2)②

一般的訴訟終了事由について解説します(後半)

第10回 既判力①

既判力の意味について解説します。

第11回 既判力②

既判力の時間的限界について解説します

第12回 既判力③

既判力の主観的・客観的限界について解説します。

第13回 複雑請求訴訟①

訴えの客観的併合等について解説します。

第14回 複雑請求訴訟②

訴えの主観的併合等について解説します。

第15回 多数当事者訴訟

共同訴訟等について解説します。