トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 民事裁判と法 〈民事訴訟法Ⅰ〉
   Outline of Civil Procedure
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 前田 春樹(客員教授)
グレード G3
テーマ 民事訴訟(調停・家事審判を含む)の手続きを理解する
キーワード 判例を中心に基本書に沿った講義,民事裁判の実務について学ぶ,民事裁判における弁護士の役割
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)ビジネスローコース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 民事訴訟の手続きの流れについて、具体的なケースを持ち出しながら分かりやすく解説します。特に民事裁判において弁護士はどのような役割を果たしているかについて実務を中心に説明します。
履修条件 民事訴訟法の初学者向けですので、履修条件は特にありませんが、民法を一通り学んでいることが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 民事訴訟法の中級にあたります。
学修の到達目標 民事訴訟の提起から終結までの在り方を理解できることを目指します。
授業の方法 講義形式で行います。出席を重視し、授業への集中を求めます。毎回レジュメを配布します。
授業外の学修(予習・復習等) 予習は特に求めませんが、復習は必要となります。
テキスト・参考書 ・民事訴訟法 第5版 [伊藤 眞]
・民事訴訟法判例百選第5版(有斐閣)
成績評価の基準・方法 授業への参加度とテスト
 
具体的には授業6、テスト4の割合で成績を評価します。
履修上の注意事項など 授業には六法全書を必ず持参すること
この科目の履修にあたって 特にありません。
オフィスアワー


第1回 民事訴訟法とは

民事訴訟制度の目的と基本理念について解説します。

第2回 民事裁判手続きの流れ①

事件の相談・受任について解説します。

第3回 民事裁判手続きの流れ②

訴訟前の証拠収集・保全について解説します。

第4回 民事裁判手続きの流れ③

第一審訴訟手続(主張)について解説します。

第5回 民事裁判手続きの流れ④

第一審訴訟手続(立証)について解説します。

第6回 民事裁判手続きの流れ⑤

上訴・強制執行について解説します。

第7回 調停・家事審判手続①

夫婦・親子について解説します。

第8回 調停・家事審判手続②

相談・遺産分割・遺言について解説します。

第9回 裁判主体に関する問題について①

管轄や移送について解説します。

第10回 裁判主体に関する問題について②

管轄や移送について解説します。

第11回 当事者に関する問題について①

当事者能力や訴訟能力について解説します。

第12回 当事者に関する問題について②

当事者能力や訴訟能力について解説します。

第13回 訴えの提起について①

訴えの種類や二重起訴の禁止について解説します。

第14回 訴えの提起について②

訴えの種類や二重起訴の禁止について解説します。

第15回 訴訟物と処分権主義について

訴訟物の概念と処分権主義について解説します。