トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 商法Ⅱ 〈商法・会社法総則〉
   Business LawⅡ (Commercial Law, general)
授業科目区分
法学部専門教育科目・企業法系
担当者 前田 春樹(客員教授)
グレード G3
テーマ 株式会社を中心に会社法の概要について理解をする。
キーワード コーポレートガバナンスと取締役の責任,会社法の基礎理論と実務について学ぶ,現代社会における会社法の役割
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 会社法について知識面の提供はもちろん、具体的な事案を意識しながら講義をします。
卒業後皆さんがどのような業種・職種に就業されたとしても、会社法の知識は必要となると思いますので、この授業を通して会社法の最低限必要な素養を身に着けることができるよう意識して講義をします。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) リーガルマインドを備えた法曹人を養成します。
学修の到達目標 会社の運営を基礎付ける機関について満遍なく学ぶことができます。
授業の方法 小テスト等の実施、解説講評による双方向の授業を実施します。
授業外の学修(予習・復習等) 予習は求めませんが、復習は必要となります。
テキスト・参考書 「会社法」神田秀樹 法律学講座双書
「会社法判例百選」有斐閣
成績評価の基準・方法 コメントペーパー(20%),定期試験(80%)
履修上の注意事項など 特にありません。
この科目の履修にあたって 講義への集中と積極的な参加を求めます。
オフィスアワー


第1回 機関

機関総説

第2回 機関

株主総会1
株主総会の権限、召集、議決権

第3回 機関

株主総会2
決議方法、決議の瑕疵

第4回 機関

株主総会3
株主提案権、買取請求権

第5回 機関

取締役、取締役会

第6回 機関

代表取締役、

第7回 機関

取締役と会社との関係(利益相反)報酬

第8回 機関

監査役、監査役会、会計監査

第9回 機関

監査等委員会設置会社

第10回 機関

指名委員会等設置会社

第11回 機関

役員の責任1
会社に対する損害賠償責任、利益供与、違法な剰余金分配

第12回 機関

役員の責任2
責任の免除、第三者に対する損害賠償責任

第13回 機関

役員の責任3
責任追及の訴え、違法行為の差し止め

第14回 機関

役員の責任
取締役の監視義務、外部取締役

第15回 まとめ

授業の振り返りと総括