トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 民法Ⅱ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 大久保 紀彦(准教授)
グレード G3
テーマ 債権分野の重要項目に関する発展学習
キーワード 債権法,不法行為法,契約法,現代社会,不当利得,事務管理,第三者との関係における債権の保護,民法改正
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 選抜制とする。
上級科目として、債権分野の重要項目の判例分析・比較法考察も含めた講義を行うが、概論科目までで扱うことの少なかった不法行為法に重点を当てた講義とする。
履修条件 「民法総則概論」「物権法概論」「債権法概論」「契約と賠償」の単位取得を前提とする。真摯に学ぶ意欲を持ち、指示された予習・復習をこなしていく覚悟を固めており、規律ある授業進行に参画できる者に限る。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 不法行為法・契約法を深く学ぶことにより、「多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力」とともに、DP・CP関連として「論理的な思考力」さらに「他者と協調・協働できる能力」を身につけていく。これらを通じて民事法学修の一定の到達点として「基本的な知識や技能、論理的思考方法」を定着させる。
学修の到達目標 不法行為法・契約法が現代社会において果たす役割、および双方にかかわる重要判例について、事実関係を踏む概要とともにその意義を自分の言葉で説明できるようになる。
授業の方法 講義、問題演習課題およびその解説、質疑応答などを、各回のテーマに応じて適宜組み合わせて進めていく。IT's classを通じた課題提示と提出、パワーポイントによる説明などのICTの活用も行う。授業内提出レポートに対して、適宜次の授業や復習課題に反映し、フィードバックを行う。
授業外の学修(予習・復習等) 以下について、課題が与えられる。
(予習)テキスト・参考書・IT's classアップ資料の中で、指定した箇所の読込みおよび適宜課題学習。
(復習)授業で扱った内容について、上記箇所の再確認および適宜課題学習。
テキスト・参考書 「民法改正」法案(大久保紀彦筆頭編著、中央経済社)
「民法判例百選Ⅱ債権[第7版]」(中田裕康・窪田充見編、有斐閣)
その他、秋学期開講時に刊行されている書籍の中から、別途指示を行います。
成績評価の基準・方法 期末テスト(50%)・提出課題(50%)に、授業への貢献・妨害等について加点・減点のうえ総合評価を行う。
履修上の注意事項など 選抜制とする。
ナイスポーテルにアップする課題を締め切りまでに指定された方法で提出すること。履修許可者発表後に、教材を購入し、学習指示に従うこと。また、座席指定制とする。当然ながら、定時までの着席、携帯・スマホ・電子機器のオフ、脱帽などのマナー、他学生の邪魔になる私語厳禁などを遵守すること。守れない場合には、教員の指示に従って退席してもらうので、その点を覚悟のうえ履修登録を行うこと。
この科目の履修にあたって 1年春から一緒に勉強してきた2015年度入学の3年生とは、共に学んでいく残り少ない機会となる。民法が対象とする現実社会に焦点を当て、新たに発生した法的問題に、これまでどのような解決策が提示されてきているかを学び取ってもらいたい。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、その他(自己PR作成支援など)(勉強の方法、ノートの作り方、授業の受け方、宅地建物取引士資格)


第1回 不法行為①

公害 過失・因果関係・受忍限度論

第2回 不法行為②

医療 過失・因果関係・自己決定権

第3回 不法行為③

未成年者 監督責任・使用者責任

第4回 不法行為④

交通事故 損害額・共同不法行為

第5回 不法行為⑤

企業間の問題 営業秘密・不正競争防止

第6回 不法行為⑥

製造物責任 無過失責任

第7回 複合領域①

第三者による債権侵害

第8回 複合領域②

請求権競合

第9回 複合領域③

契約締結上の過失

第10回 不当利得①

類型論 給付利得・侵害利得

第11回 不当利得②

転用物訴権

第12回 事務管理

準契約

第13回 複数契約

複数契約上の債務不履行と契約解除

第14回 約款

民法改正による明文化の意義

第15回 現代社会の進展と民法

民法Ⅱのまとめ