トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 契約と賠償
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 木村 俊郎(講師)
グレード G2
テーマ 取引社会における契約の役割
キーワード 契約,契約違反,契約の成立,近代型契約,契約違反の損害賠償請求権,現代型契約,危険負担,契約違反と契約解除権,同時履行の抗弁権,瑕疵担保責任
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1秋・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 契約が現代取引社会においていかに機能しているのかを理解する。契約の基本形態としての近代型契約(有名契約:売買契約、消費貸借契約、賃貸借契約、請負契約、委任契約)を説明し、とりわけ現代社会においていろいろ考案された取引に対応する現代型契約にも触れる。いったん締結された契約に違反した場合、いかなる調整がなされるのか、損害賠償と契約の解除がそれである。本講義においては損害賠償を中心に講義をするつもりである。
履修条件 可能な限り、民法総則、物権法、債権法の講義を履修しておいてほしい。もし受講生のなかで履修していなひとは頁数のすくない民法入門の類の書籍を通読しておいてください。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 正義と公平を旨とするリーガルマインドをもって現代社会の諸問題に取り組むための法的アイテム、とりわけ契約法に関する知識を教え育成する。
学修の到達目標 契約法は現代取引社会における基礎である。したがって、契約の意義、役割、種類、そして契約実行の際の紛争処理のまた契約違反した際の調整に関する最低限度のルールの取得を目指す。法社会における市民としての常識的な知識となろう。
授業の方法 基本的は講義を中心にして授業を行う。
あらかじめ全体像を記したレジュメを配布し、それによって講義を進める。
授業外の学修(予習・復習等) あらかじめ民法総則、物権法、債権法の基礎知識の確認をしておいてください。
そしてノートの整理も実行しておいてください。つねに新聞を読んでおいてたくさんの契約に関する知識を身に着けておいてください。
テキスト・参考書 特に、テキストに関しては指定しません。
各自、自分にあった契約に関する法律書を手に入れておいてください。
成績評価の基準・方法 基本的は定期試験の得点で評価しますが、それ以外には下記に要領で総合評価します。
1 7割程度  定期試験の得点(あるいはレポートの評価点)
2 2割程度  講義内の小テストの得点
3 1割程度  授業時の質問に対する応答の評価

ただし、授業出席数の2/3以上の出席を評価の前提要件とする。
履修上の注意事項など 必ず、六法を持参してください。
授業時の着席は、前例の方に着席するように。
私語は禁止します。
この科目の履修にあたって 民法総則、物権法、債権法など民法のあらゆる分野が関連しますから、知識の確認をしておいてください。ある意味では法律は「大人の学問」です。したがって。社会の諸システムや常識的知識は身に着けておいてください。
オフィスアワー


第1回 契約法 ナビゲーション

民法の中における契約の位置づけと取引社会における役割の説明

第2回 契約総論 契約の基本的ルール

民法基本原則:契約自由の原則、契約法の基本原則:信義誠実の原則などを説明

第3回 契約債権の特徴

債権の効力:給付保持力、給付請求力、掴取力の説明と自然債務の説明

第4回 契約債権の対内的効力

任意履行と強制履行(直接強制、代替執行、間接強制)の説明。

第5回 契約債権の対外的効力

財産侵害としての不法行為の説明。

第6回 契約総則 契約の成立

成立の基本形としての諾成契約の成立。申込と承諾の合致、交叉申込と意思の実現の説明

第7回 契約の分類1  財産権移転型契約

諾成契約としての売買契約と危険負担の原則、同時履行の原則、担保責任

第8回 契約の分類2 貸借型契約

金銭消費貸借契約と利息制限法、貸金業規制法、出資規制法の説明

第9回 契約の分類2 貸借型契約

土地あるいは家屋の賃貸借契約と旧借地借家法、新借地借家法の説明

第10回 契約の分類3 労務提供型契約

雇用契約と労働契約法、請負契約、委任契約の説明

第11回 債務不履行 総論 

債務不履行と契約違反の関係。債務不履行と給付障害の問題の説明

第12回 債務不履行 各論1 履行遅滞、履行不能

債務不履行の一形態である履行遅滞と履行不能の説明。

第13回 債務不履行 各論2 不完全履行

債務不履行の一形態としての不完全履行と積極的債権侵害の説明と瑕疵担保責任との関係の説明。

第14回 損害賠償 1

債務不履行における法的効果としての損害賠償の説明。
損害の確定:差額説と事実的損害説の説明
損害項目(損害の種類)の説明

第15回 損害賠償 2

損害賠償範囲の画定:相当因果関係と予見可能性の説明