トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 債権法概論
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 木村 俊郎(講師)
グレード G2
テーマ 取引と債権
キーワード 債権,債権債務関係,債務の効力,債務不履行,契約,不法行為,損害賠償
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)
2年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)

授業の目的及び概要 1 債権概論は債権総論と債権各論を概観するのが役割である。とりわけ本講義はその債  権が実社会の取引関係においていかに有機的に機能しているのを説明する。

2 債権総論は債権という権利は「ある人にある行為を要求することのできる権利」であ  る。このような権利の効力や機能、保全方法について講義する。

3 債権各論はかかる債権が発生する債権・債務関係を具体的な契約や不法行為を中心に  説明する。
履修条件 できれば、民法総則や物権法を履修していてほしいです。もし履修していない人が債権法概論を受講するのであれば頁数の少ない民法入門の類の書籍を通読しておいてください。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 正義と公平を旨とするリーガルマインドをもって現代社会の諸問題に取り組む法的アイテムとして債権法を中心として知識を育成する。
学修の到達目標 本講義は債権法を講義することになる。ここでの科目の位置づけは債権・債務の意義、とりわけ債権の効力について言及する。さらに債務不履行が発生した場合の取引における処理の問題を話すことになる。また債権はどうしたら取得できるのか、つまり債権債務関係の理解、さらには債権保全方法を理解することを目標とする。
授業の方法 基本的に講義方式で授業は行う。ただし、知識の確認や実社会との関連性を意識してもらうため、授業中は質問を行う。
授業外の学修(予習・復習等) 民法(法律)は一つひとつ積み上げて理解できるものではない。民法の全体構図を知ることによって理解できるのである。したがって、まず、頁数の少ない民法入門の類の書籍を通読しておいてほしい。
 ノートはぜひ自分の理解方法にあわせて使い方を工夫しておいてください。
テキスト・参考書 特に、テキストは指定しません。講義に出席し、いねむりなどしないで受講してください。
成績評価の基準・方法 評価方法
1 7割程度  定期試験の点数(あるいはレポートの点数)
2 2割程度  小テストの点数
3 1割程度  講義時の質問に対する応答
以上の総合的評価とする。

ただし、講義日数の2/3以上の出席を成績評価の前提条件とする。
履修上の注意事項など 授業中は私語をしない。
受講時は前列の座席に着席するように。
六法を必ず携帯するように。
この科目の履修にあたって 民法総則や物権法などを勉強しておいてください。
オフィスアワー


第1回 債権法のナビゲーション

民法の中における債権の位置づけと取引社会における債権の役割について説明する。

第2回 債権の内容と目的

債権とはなにか。債権として法的に保護される要件はなにかなどを説明する。

第3回 債権の効力1 対内的効力

任意履行と強制履行(直接強制、代替執行、間接強制)について説明する。

第4回 債権の効力2 対外的効力

第三者による不法行為としての債権侵害について説明する。

第5回 債務不履行1

債務不履行(契約違反)の全体像の説明をする。

第6回 債務不履行2

債務不履行:履行遅滞、履行不能、不完全履行について説明する。

第7回 債権の保全:債権者代位権、債権者取消権

債権者代位権と債権者取消権の取引社会における意義、そしてそれぞれの法的要件と法的効果について説明する。4

第8回 多数当事者の債権債務関係1

貸金返還請求権を中心にその保全する方法を説明する。不可分債務、連帯債務など。

第9回 多数当事者の債権債務関係2

貸金返還請求権を中心にその保全する方法を説明する。保証債務、連帯保証など。

第10回 債権譲渡と債務引受

債権譲渡と債務引受の取引社会における意義、そして法的要件と法的効果について説明する。

第11回 契約総論:契約の種類、契約の成立

契約の分類と契約のルール(同時履行の抗弁権、担保責任、危険負担)の関係を説明する。契約の基本的な成立携帯の説明をする。

第12回 契約各論1 財産権移転型契約、貸借型契約

売買契約、消費貸借契約、賃貸借契約を中心に説明する。

第13回 契約各論2 労務提供型契約、その他

雇用契約、請負契約、委任契約、和解契約を中心に説明する。

第14回 不法行為総論 、要件論

不法行為の発達史と不法行為の意義について説明する。
要件としての有責性、責任能力、違法性、損害の発生、事実的因果関係の説明をする。

第15回 損害賠償

債務不履行と不法行為の法的効果として損害賠償 損害賠償範囲の画定