トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 債権法概論
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 西村 秀樹(客員教授)
グレード G2
テーマ 債権法全般(総論・各論)の基礎的知識を習得する。
キーワード 債権の目的,債権の内容と効力,債務不履行,責任財産の保全,不可分債務,連帯債務,保証債務,債権の消滅
開講年度
2018
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)
2年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)

授業の目的及び概要  民法の全体像を概観した後、債権法全般(総論・各論)の各分野について解説する。
 授業では、制度や条文の趣旨及び意義・要件・効果の理解に重点を置く。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連)  この科目は、法律専門職・公務員・現代社会キャリア各コースの、コース基本科目である。
  DPとの関連では、「法と政治に関する基本的専門的知識」と「当事者間で発生する諸課題を理解」する能力を修得する科目であり、CPにおける学部共通基本科目である。
 本科目履修後には、債権法概論と関連の深い、契約と賠償、家族と法を履修することで民法全体の理解を深めてほしい。
 なお、債権法を理解するためには民法総則・物権の知識があった方が望ましいため、民法総則概論、物権法概論を未履修の場合は、並行して履修することを強く推奨する。
学修の到達目標 1.債権法上の諸制度の制度趣旨や条文の意義・要件・効果を理解し説明することができる。
2.債権総論に関連する社会生活上の問題に対して、法的な解決方法を考察できる。
授業の方法  テキスト及びレジュメを用いて解説する。

 予告することなく、小テストを行うことがありうる。

 
授業外の学修(予習・復習等)  テキストを熟読すること。
 テキストの巻末に掲載されている演習問題について、必ず、自分で答案を書いてみること。
テキスト・参考書 テキスト(教科書)
 * 裁判所職員総合研修所・監修「<新訂>民法概説(四訂版)」司法協会

参考書
 * 出口尚明・監修「設題解説 民法(三)」法曹会
 * 六法(法令集。どの出版社のものでもよい。)
  
成績評価の基準・方法 ①期末試験(60%)、②小テスト・レポート等(40%)を総合的に勘案して評価する。
この科目の履修にあたって 債権法は、法学部の専門科目の中でも民事法系科目の中心となる重要な科目であり、法律専門職、公務員、民間企業のどの進路に進む場合にも必要となる科目です。
また、日常生活とも大きく関わる分野ですので、頑張って修得するようにしてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 債権法概観

債権の意義と特質
債権の発生と消滅
債権法の全体像

第2回 債権の目的

債権の目的の意義と分類
特定物債権と種類債権
元本債権と利息債権

第3回 債権の効力

債権の一般的効力概観
債務内容の実現方法

第4回 債務不履行と受領遅滞

債務不履行の類型と効果
受領遅滞の意義と法的性質

第5回 債権者代位権、詐害行為取消権

責任財産の保全及び債権の保全的効力
債権者代位権の意義とその転用
詐害行為取消権の意義

第6回 第三者による債権侵害

第三者による債権侵害(不法行為と妨害排除)

第7回 多数当事者の債権債務関係

多数当事者の債権債務関係の意義
分割債権・不可分債権・連帯債務(不真正連帯債務)

第8回 保証債務

債務の物的担保と人的担保
保証債務の意義
連帯保証と根保証

第9回 債権譲渡、債務引受、契約上の地位の移転

債権譲渡の意義と対抗要件
債務引受
契約上の地位の移転

第10回 債権の消滅

債権の消滅概観
弁済、第三者の弁済と弁済による代位
相殺

第11回 契約総論

契約法概観、契約の成立
契約の効力(双務契約の特質)
契約の解除

第12回 移転型の契約

売買と贈与・移転の異同
売買契約の効力

第13回 貸借型の契約

賃貸借と使用貸借・消費貸借の異同
賃貸借の効力

第14回 不法行為、事務管理、不当利得

不法行為の基礎理論
特殊の不法行為類型
事務管理・不当利得の概観

第15回 本講義の総括

本講義の総括を行う。