トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 物権法概論
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 馬場 巌(講師)
グレード G2
テーマ 民法の基本となる総則の基礎知識の習得を目指します。
キーワード 民法総則,債権法,不動産登記法,借地借家法
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)
2年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)

授業の目的及び概要 将来、マイホームを取得するような場合、登記や抵当権といった物権法で習う事柄が出てきます。このような場合に、物権の基礎知識を持っているのと持っていないのとでは差が出てきます。そこで、本講義では、将来に役立つよう、対抗要件・相隣関係・用益物権・担保物権についての基本を講義します。
履修条件 民法総則の知識があることが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 物権の知識を習得することは、卒業認定や学位認定の重要科目と思われます。
学修の到達目標 不動産や動産の対抗要件、占有権・所有権・相隣関係・用益物権・担保物権の基礎知識の習得を目指します。
授業の方法 黒板に図解等を行いながら講義方式で行う。なお、各単元の終了したときには、確認のためのレポートを作成してもらう。
授業外の学修(予習・復習等) 授業の終了時に、次回の授業の簡単な説明をするので、それに基づいて予習を行ってもらいます。
テキスト・参考書 教科書「エッセンシャル民法2 物権」 有斐閣
成績評価の基準・方法 試験とレポートにより成績評価をします。
履修上の注意事項など 授業の妨げになるので私語禁止です。
この科目の履修にあたって 物権の基本事項を講義しますので、確実に理解できるように努力してください。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス・物権の概略について

これから本講義を受講するにあたっての注意事項について
物権の概略について

第2回 物権とは

物権の法的性格について

第3回 物権の種類について

物権の種類・物権法定主義について

第4回 物権の一般的効力について

物権相互間・物権と債権の間の優劣について

第5回 物権的請求権・占有訴権について

返還請求権・妨害排除請求権・妨害予防請求権・占有回収の訴え・占有保持の訴え・占有保全の訴えについて

第6回 まとめ

2回から5回の授業の理解度の確認について

第7回 不動産・動産と対抗要件

対抗要件としての登記や引渡、対抗できない第三者等について

第8回 所有権・共有について

共有の性質・共有者間の関係について

第9回 用益物権について

地上権の基本について
地上権と賃借権・法定地上権について

第10回 用益物権について

永小作権・地役権・入会権について

第11回 まとめ

7回から10回の授業の内容の理解度の確認

第12回 担保物権の通有性・留置権・先取特権について

付従性・随伴性・不可分性・物上代位性について
留置権・先取特権の基本的内容について

第13回 質権について

質権の基本的内容について

第14回 抵当権について

抵当権の基本的内容について

第15回 まとめ

この講義の内容を理解しているかどうかの確認をします。