トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 物権法概論
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 石上 敬子(准教授)
グレード G2
テーマ 物に対する権利
キーワード 物,占有,所有,担保
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)
2年生 (法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)

授業の目的及び概要 本講義では、民法の物権編の基礎を学ぶ。「宅建士」取得を考える者は履修必須である。
履修条件 -
科目の位置づけ(DPとの関連) ・この科目は、法学部の専門教育科目です。
・この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2.個人から国家に至るまで当事者の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
学修の到達目標 ・物に対する権利に関する基礎知識を習得する。
・物権法の中の重要条文、重要論点を、具体例を挙げながら説明できる。
授業の方法 講義形式。レジュメをオンラインで配布し、穴埋めをしながら進める。演習問題も適宜出題し、フィードバックを行う。
授業外の学修(予習・復習等) 予習:テキスト等の該当箇所に目を通すこと。
復習:講義で扱った箇所を読み直し、演習等を再度解いて、理解を深めること。
テキスト・参考書 テキスト:特に指定しない。六法は必携。
参考書: 淡路剛久ほか『民法2物権 第4版』(有斐閣Sシリーズ、2017)
     水津太郎ほか『民法2物権 判例30!』(有斐閣、2017年)
成績評価の基準・方法 定期試験(70%)、コメントペーパー・演習問題等による講義への参加度(30%)
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の概要、授業計画の説明

第2回 物権変動

物権変動に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第3回 対抗要件

対抗要件に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義す対抗要件る。

第4回 占有権

占有権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第5回 所有権

所有権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第6回 建物の区分所有

建物の区分所有等に関する法律に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第7回 地上権

地上権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第8回 永小作権

永小作権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第9回 地役権

地役権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第10回 質権

質権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第11回 抵当権①

抵当権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第12回 抵当権②

引き続き、抵当権に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第13回 根抵当

根抵当に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第14回 譲渡担保

譲渡担保に関して、その意義、内容、考えかた、問題点などを考察し講義する。

第15回 総括

全体のまとめ