トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 民法総則概論
   Civil Law:General Provisions(Basic)
授業科目区分
法学部専門教育科目・民事法系
担当者 馬場 巌(講師)
グレード G2
テーマ 民法の基本となる総則の基礎知識の習得を目指します。
キーワード 物権法,債権法
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1秋・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 民法総則を理解していないと、後に続く物権や債権の内容を理解することは難しいと思われます。民法は、生活していく上で必要なものである。本講義では、権利の主体・客体、法律行為・代理・時効・条件・期限等についてみていきます。
履修条件 1回生で、民法を初めて学ぶ学生もいると思うので、履修条件に付いては制限を設けません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 総則で得られる知識や履修することによって得られる能力は、卒業認定に必要なだけでなく、社会で生活するうえで重要なものです。
学修の到達目標 総則で学習する権利の主体・客体・法律行為・代理・時効・条件・期限等の基本的知識の理解ができるようにします。
授業の方法 黒板に図解等を行いながら講義方式で行う。なお、各単元の終了したときには、確認のためのレポートを作成してもらう。
授業外の学修(予習・復習等) 授業の終了時に、次回の授業の簡単な説明をするので、それに基づいて予習を行ってもらいます。
テキスト・参考書 テキスト 「民法入門・総則」有斐閣
成績評価の基準・方法 試験とレポートにより成績評価をします。
履修上の注意事項など 授業の妨げになるので私語禁止です。
この科目の履修にあたって 民法総則は、物権・債権等の基本となるものなので、基本だけはしっかりと理解するように心がけて下さい。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

民法の概要について

第2回 民法の基本原則について

公共の福祉・信義則・権利濫用について

第3回 権利能力について

私権の始期・終期について
自然人・法人について

第4回 制限行為能力について

未成年・成年被後見被保佐人・被補助者・制限行為能力者の詐術について

第5回 まとめ

1回から4回の授業を理解しているかどうかの確認

第6回 住所・失踪・民法の客体について

住所・居所・失踪宣告・物について

第7回 法律行為について

公序良俗について

第8回 意思表示について

錯誤・虚偽表示・詐欺・脅迫について

第9回 まとめ

5回から8回の授業を理解しているかどうかの確認

第10回 代理について

有権代理・無権代理・表見代理について

第11回 無効・取り消しについて

無効・取消しについて

第12回 まとめ

10・11回授業を理解しているかどうかの確認

第13回 条件・期限について

条件・きげんについて

第14回 時効について

取得時効・消滅時効について

第15回 まとめ

本講義の理解度の確認を行う