トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑事手続法 〈刑事訴訟法Ⅱ〉
   〈Criminal Procedure Law Ⅱ〉
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 岩﨑 正(准教授)
グレード G3
テーマ 公判(裁判)段階における刑事手続の基礎理論を学ぶ
キーワード 刑事訴訟法,刑事手続法,刑事手続,刑事裁判,刑事法
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)法曹コース基本科目(2012~2014年度入学生),(法)公務員コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 本科目は、捜査~公訴段階をあつかう「刑事裁判と法」(春学期開講)に続き、公判(裁判)段階以降を内容とするものです。そのため、「刑事裁判と法」を履修済みであることを前提に授業を行います。
実際に犯罪・刑事事件が起こったとき、その事件についての証拠を集め、犯罪の具体的な内容と犯人を明らかにし、犯人を処罰しなければなりません。このように現実の社会で起きた犯罪・刑事事件を処理するためには、「手続」が必要です。その「手続」を定めたものが「刑事訴訟法」です。
本講義では、刑事訴訟法に基づき、「公判(裁判)段階」における刑事手続がどのような過程で推移していくのかを、それをめぐる様々な理念の対立を念頭におきながら学習し、実社会で求められる専門知識・論理的思考力を培います。
履修条件 「刑事裁判と法」を履修済みであること。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、法律専門職・法曹・公務員コースの基本科目です。
「刑事訴訟法」の公判段階以降についての基本的知識、重要な法的論点や判例を取り扱います。したがって、本科目を学習することにより、刑事訴訟法に関する基本的専門知識を体系的に理解し、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身に付け、論理的な思考力と豊かな表現力を培うことができます。
学修の到達目標 現行刑事手続の制度内容や関連用語についての基本的知識を身につけ、個別論点をめぐる議論を理解できるようになること。また、専門用語を用いて、自分の意見を提示できること。
授業の方法 基本的に講義形式で行いますが、場合によって問答形式も取り入れます。
授業は配布するレジュメに沿って進めますが、適宜テキスト記載の資料も参照します。レジュメとテキストおよび六法を必ず持参してください。
Webでレジュメを配布する予定です。原則として紙媒体を配布することは行いません。必ずプリントアウトして授業に持参してください。
刑事訴訟法上の問題に関する映像教材を使用することもあります。
授業内で実施する小レポート等については、結果を授業内で講評します。
授業外の学修(予習・復習等) ①予習として、各回の授業について、テキストの該当部分を一読し、わからない点があればその部分を確認し、②復習として、授業内容を踏まえてテキストの該当部分について、予習ではわかっていなかった点等が理解できているか、確認してください。
テキスト・参考書 テキスト:三井誠・酒巻匡『入門 刑事手続法[大7版]』有斐閣(春学期「刑事裁判と法」と共通です)
本講義において、テキストは、授業内で適宜参照するとともに、授業外の時間に受講者が予習・復習する際にも使用します。
その他、学習に有益な参考書・判例集等は、初回の授業で紹介します。
成績評価の基準・方法 定期試験(80%)、小レポートないしコメントペーパー(20%)。小レポート等は毎回ではなく、適時行います。詳細は初回の授業で説明します。
履修上の注意事項など 本科目は「刑事裁判と法」に引き続き公判における刑事手続をあつかうものであるため、既に捜査・公訴段階の刑事手続についての基本的な理解があることを前提として授業を進めます。自分がそのレベルに達していないと思う人は授業外の時間を活用して積極的に予習・復習に取り組んで下さい。
この科目の履修にあたって 本授業を理解し、単位を修得するためには、テキストの該当箇所を読んでしっかりと予習・復習することがなにより重要です。それを行わない場合は単位修得は難しいでしょう。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(ロースクール・法学系)


第1回 ガイダンス

授業の進め方や学習方法等に関する説明、文献・参考書の紹介。刑事訴訟法の位置付けについて解説し、刑事手続を概観する。

第2回 捜査・公訴段階の刑事手続の復習

春学期「刑事裁判と法」で学習した捜査・公訴段階の刑事手続を解説して復習する。

第3回 公判のための準備活動

公判・裁判のための準備活動について概観し、関連する重要な論点について考える。

第4回 公判期日における手続

公判期日の流れを概観し、関連する重要な論点について考える。

第5回 訴因変更

訴因変更について解説し、関連する重要な論点を考える。

第6回 裁判員の参加する公判手続

裁判員の参加する公判手続について概観し、関連する重要な論点を考える。

第7回 証拠法総論

証拠法全体を概観し、関連する重要な論点について考える。

第8回 伝聞法則①

伝聞法則について概観し、関連する重要な論点について考える。

第9回 伝聞法則②

伝聞法則に関連する重要な論点について考える。

第10回 違法収集証拠排除法則

違法収集証拠排除法則について解説し、関連する重要な論点について考える。

第11回 自白法則

自白法則等について解説し、関連する重要な論点について考える。

第12回 公判の裁判

判決等の裁判について解説し、関連する重要な論点について考える。

第13回 上訴・確定後救済手続等

上訴・確定後救済手続等について解説し、関連する重要な論点について考える。

第14回 特別手続・その他

略式手続等の特別手続を解説し、これまでの授業で取り上げた問題についての補足等を行う。

第15回 まとめ

本講義の総括を行う。