トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑法Ⅲ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 岩﨑 正(准教授)
グレード G4
テーマ 刑法全般の発展的学習
キーワード 刑法,刑事法,刑法総論,刑法各論
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本授業は「刑法」全体の発展的・応用的な内容を扱う科目です。
本授業の目的は、これまでの刑法系科目の集大成として、「刑法」についての重要な論点・判例を、深く掘り下げて検討することです。それにより、実社会で求められる専門知識・論理的思考力を培います。
履修条件 刑法Ⅰおよび刑法Ⅱの単位を修得していること、あるいは、それと同等の刑法の知識を有し理解していること。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目のグレードは、難易度が最も高い「G4」です。
コースの設定はありませんが、刑法を深く学ぶための意欲と知識を有する者(法科大学院や刑法の論文科目が試験として要求される職業を目指す学生等)を対象としています(もちろん、その他、刑法に強く興味を持っている方であれば履修してください。)。
そのため、警察・消防などの地方公務員の採用試験のレベルをはるかに超える内容です。
刑法の重要な論点・判例を学ぶ過程で、刑事法に関する基本的専門知識を体系的に理解し、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身に付け、論理的な思考力と豊かな表現力を培います。
学修の到達目標 ①重要な学説・判例を正しく理解して、②その内容を他者に説明できること、③具体的事例の処理について自分の見解を説得的に示し、④他者の見解に対して理論的な問題を指摘・批判できるようにすること。
授業の方法 授業までに取組む課題を毎回設定します。授業では、課題に関する十分な理解・予習を前提に、問答形式で行います(教員が指名した受講者が質問に答える)。
各授業までに指定した文献・判例を読み込み、設定された課題を完成させたうえで、授業に参加してください。それが出来ないのであれば本授業への参加資格はありません。
授業外の学修(予習・復習等) 本授業は、刑法に関する科目の中で、最も上位に位置づけられたものであり、刑法の重要論点・判例を深く掘り下げて検討します。
「授業の方法」に記載のとおり、授業内での質問に答えられるように、毎授業、相当な量・質の判例および文献を読み込む必要があり、十分な予習・復習が必要です。その時間が捻出できない方は本授業を履修するべきではありません。
詳細については初回の授業で説明します。
テキスト・参考書 初回の授業において、複数のテキスト・参考書等を紹介しますが、この授業を選択するのであれば、刑法のテキストを既に持っており、複数回読み込んでいるはずです。
六法(小型・紙媒体のもの)を持参してください。
成績評価の基準・方法 ①授業への参加状況及び発言内容(50%)、②小テストないし小レポート(50%)などによって、総合的に評価します。
毎回の授業での発言内容によって評価します。出席していても、発言内容から課題に対する十分な予習をしていないと判断される場合は、良い評価は得られませんし、単位修得も困難になります。
やむを得ない理由で欠席する場合は必ず連絡すること。
履修上の注意事項など 本授業は、刑法科目(刑法総論(概論)、刑法各論(概論)、刑法Ⅰ、刑法Ⅱ)の単位を修得した者が受講する、刑法に関する学習の集大成として存在します。当然、単位修得は決して容易ではありません。出席さえしていればなんとかなるような科目でもありません。
この科目の履修にあたって 本授業は刑法に関する重要判例・論点を、深く掘り下げて検討するものです。授業外でどれだけしっかりと準備・予習を行うことができるかがカギになります。その予習等を活かして、授業内で積極的に発言し、思考し、理解を深めて下さい。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(ロースクール・法学系)


第1回 ガイダンス

本授業の目的・方法を確認し、以降の授業の進め方、予習・課題への取組み方などを説明する。

第2回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第3回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第4回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第5回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第6回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第7回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第8回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第9回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第10回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第11回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第12回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第13回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第14回 課題に対する質疑応答

事前に提示された刑法上の判例・文献を読み込み理解していることを前提に、設定された課題に基づき、教員からの質問に答える。

第15回 まとめ

これまでの総括を行う。