トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑法Ⅰ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 岩﨑 正(准教授)
グレード G3
テーマ 刑法総論の発展的学習
キーワード 刑法,刑法総論,刑事法
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生)

授業の目的及び概要 「刑法」は犯罪と刑罰の内容を定めています。その「刑法」の中でも、本講義では「刑法総論」を取り扱います。本講義は「刑法総論」の発展的・応用的な内容を扱う科目です。
「刑法総論」は、犯罪の構成要素・成立要件や、すべての犯罪に共通する理論・原理などを対象とします。本講義は、既に「刑法総論(概論)」や「刑法各論(概論)」などの科目で、刑法の基礎的知識をある程度有していることを前提に、刑法総論の重要な論点・判例を中心に学んでいき、実社会で求められる専門知識・論理的思考力を培います。
履修条件 「刑法総論(概論)」、「刑法各論(概論)」の科目を既に履修済みであり、刑法の基礎的な理解があることが望ましいです。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、法学部法律専門職コースの基本科目です。そのため、警察・消防などの地方公務員の採用試験のレベルを超える内容です。
刑法総論の重要な論点・判例を学ぶ過程で、刑事法に関する基本的専門知識を体系的に理解し、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身に付け、論理的な思考力と豊かな表現力を培います。
学修の到達目標 ①重要な学説・判例を正しく理解して、②その内容を他者に説明できること、③具体的事例の処理について自分の見解を説得的に示し、④他者の見解に対して理論的な問題を指摘・批判できるようにすること。
授業の方法 基本的に講義形式で行いますが、場合によって問答形式も取り入れます。
授業は配布するレジュメに沿って進めますが、適宜資料ないし条文を参照します。
Webでレジュメ等資料を配布する予定です。原則として紙媒体での配布は行いません。必ずプリントアウトして授業に持参してください。
小テストの結果については授業内で講評します。
授業外の学修(予習・復習等) 各授業の前後の期間に、テキストおよびレジュメの該当箇所を読み込んで予習・復習しておいてください。とくに、具体的な予習の方法については、初回の授業で指示します。
テキスト・参考書 初回の授業において、複数のテキストを紹介します。自分の将来の目標やレベルに合わせて、その中から1冊入手すること(初回の授業を受けてからテキストを購入等してください。)。
その他学習に有益な参考書等を初回の授業で説明します。
六法(小型・紙媒体のもの)を持参してください。
成績評価の基準・方法 定期試験(60%)、小テストないし小レポート(40%)。
小テスト等は毎回ではなく、適時行います。詳細は初回の授業で説明します。
履修上の注意事項など 刑法総論の分野は重要な論点が多いので、15回の講義でこれらを扱うためには、受講者が刑法総論の基礎的な知識について、ある程度は理解していることが必要です。したがって、「刑法総論(概論)」、「刑法各論(概論)」の科目を既に履修済みであり、刑法の基礎的な理解があることが望ましいです。
もちろん、それ以外の方でも本講義を履修することは出来ますが、単位を習得するためには、授業外の時間においてしっかりと刑法の学習をしておくことが求められます。既に刑法の概論科目を履修済みの人も、しっかりと復習しておいてください。
この科目の履修にあたって 本授業を理解し、単位を修得するためには、テキストの該当箇所を読んでしっかりと予習・復習することが重要です。それを行わない場合は単位修得は難しいでしょう。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(ロースクール・法学系)


第1回 ガイダンス、刑法の基本原則

授業の進め方や学習方法等に関する説明、文献・参考書の紹介。 刑法の基本原則について解説する。

第2回 犯罪論の基礎、構成要件論Ⅰ

犯罪論の基礎、実行行為、結果などの客観的構成要件要素について解説する。

第3回 構成要件論Ⅱ

因果関係などの客観的構成要件要素について解説し、関連する重要な論点を考える。

第4回 構成要件論Ⅲ

主観的構成要件要素について解説し、関連する重要な論点(構成要件的錯誤など)を考える。

第5回 過失犯

過失犯に関連する重要な論点を考える。

第6回 不作為犯

不作為犯に関連する重要な論点を考える。

第7回 違法性論Ⅰ

違法性総論、正当防衛に関する重要な論点を考える。

第8回 違法性論Ⅱ

正当防衛に関する重要な論点を考える。

第9回 違法性論Ⅲ

正当防衛、緊急避難に関する重要な論点を考える。

第10回 責任論Ⅰ

責任論、責任能力に関する重要な論点を考える。

第11回 責任論Ⅱ

原因において自由な行為、期待可能性に関する重要な論点を考える。

第12回 未遂犯等

未遂犯、中止犯、不能犯に関する重要な論点を考える。

第13回 共犯論Ⅰ

共犯論の基礎理論に関する重要な論点を考える。

第14回 共犯論Ⅱ

正犯・共同正犯論(共犯との区別)に関する重要な論点を考える。

第15回 まとめ

これまでの授業で取り上げた問題についての補足等を行い、本講義の総復習を行う。