トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑法各論(概論)
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 漆畑 貴久(客員准教授)
グレード G2
テーマ  刑法各論の学習
キーワード 刑法第2編「罪」,個人的法益に対する罪,社会的法益に対する罪,国家的法益に対する罪,犯罪構成要件
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (法)法律専門職コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)公務員コース基本科目(2015年度以降入学生),(法)現代社会キャリアコース基本科目(2015年度以降入学生)

授業の目的及び概要  この授業は、犯罪と刑罰に関する基本的な法律である刑法について、そこに規定されている個別具体的な犯罪について、それぞれの成立要件(犯罪構成要件)を概観することを通して、刑法が規定する犯罪の全体像を把握することを予定しています。刑法は、有罪とされた人物のその後の人生に大きな影響を与える可能性が極めて高い法律であり、それをその人物にあてはめるに際しては、慎重な態度が求められます。こうした法律が我々の社会に存在する意味について学修してもらうことを予定しています。
 授業の具体的な予定は、授業計画に示したとおりですが、扱うテーマの重要度や受講生の理解の程度等によって、適宜変更する場合がありますので、予めご了承ください。
履修条件  特にありません。刑法総論(概論)を履修していない方は、併せて履修することをお勧めします。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  2015年度以降入学生向けの刑法総論の概論科目あり、学部基本科目です。
 本科目の単位の修得を前提とした発展科目として、2016年度以降には刑法Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが開講される予定です。総論あるいは各論に限定されない刑法学についてより深く学修をしたい方は、そちらの科目も履修して下さい。
学修の到達目標  刑法各論に関する以下の知識の修得を通して、刑事法学的な物事の考え方ができるようになることを、この授業の到達目標とします。
①具体的事例に該当する犯罪を刑法各論の条文内から指摘することができる。
②指摘した犯罪の趣旨・意義等を説明することができる。
③指摘した犯罪の構成要件を説明できる。
④指摘した犯罪の構成要件から、刑法各論において重要とされる事項について指摘することができる。
⑤上記①~④に記載されている到達目標を文章を用いて達成することができる。
授業の方法  原則として講義方式で行いますが、授業中に教員から受講者に対して質問をして回答を求めることがあります。授業に際しては、大学の授業支援システム(NICE PROTAL等)を通して資料(レジュメ)を配布する予定です。受講者は、授業を聞きつつ、必要・重要と考えることを自身の判断で資料の空きスペース等にメモ書きする等の作業を行うようにして下さい。
 六法(最新のものに限る・電子版も可)を必ず持参するようにして下さい。
授業外の学修(予習・復習等)  授業で使用する資料は、授業前に配布しますので、受講者は、あらかじめ資料を参照するとともに、教科書の該当部分を通読する等の作業を通して、予習をしておくようにして下さい。また、授業後は、授業で検討した部分について、資料、授業中に受講生各自が記したメモ書き、及び教科書の該当部分を改めて参照・確認して、復習をするようにして下さい。
テキスト・参考書 (テキスト)
設楽裕文編『信山社双書法学編法学刑法2各論』信山社(2010年)。

(参考書)
設楽裕文編『信山社双書法学編法学刑法4演習(各論)』信山社(2010年)。
 
 その他、授業中に適宜紹介します。
成績評価の基準・方法  学期末に実施する試験(60%)、リアクションペーパー(40%)によって評価します。リアクションペーパーは、毎回の授業時に提出を求めるわけではなく、回程度の提出を予定しています。なお、授業中の教員からの発問に対する回答も加点事由とすることがあります。
履修上の注意事項など  日常的に、報道等を通して、社会に関する事件・事故等に注意を払うようにしてみてください。
 受講態度が劣悪な受講生に対しては、退席、出席停止等の措置を採ります。
この科目の履修にあたって  授業を聞き、板書以外にも重要・必要と自分で判断したことを、ノートや配布プリント等にメモ書きする等、能動的な授業への参加が重要になります。
オフィスアワー


第1回 開講にあたって

授業方法等の説明・オリエンテーション

第2回 個人的法益に対する罪①

生命・身体に対する罪① 
・殺人罪
・自殺関与罪等

第3回 個人的法益に対する罪②

生命・身体に対する罪② 
・傷害罪
・暴行罪
・過失傷害罪等

第4回 個人的法益に対する罪③

人身の自由を侵す罪 
・逮捕監禁罪
・略取誘拐罪
・人身売買罪等

第5回 個人的法益に対する罪④

精神的自由・生活の平穏を侵害する罪 
・脅迫罪
・住居侵入罪
・名誉毀損罪等

第6回 個人的法益に対する罪⑤

財産犯① 
・窃盗罪
・強盗罪等

第7回 個人的法益に対する罪⑥

財産犯② 
・詐欺罪
・恐喝罪
・横領罪等

第8回 社会的法益に対する罪①

公共の平穏を害する罪 
・放火罪等

第9回 社会的法益に対する罪②

国民の健康を害する罪 
・あへん煙に関する罪
・飲料水に関する罪等

第10回 社会的法益に対する罪③

偽造犯罪 
・通貨偽造罪
・文書偽造罪
・有価証券偽造罪等

第11回 社会的法益に対する罪④

社会生活の感情を侵す罪 
・賭博罪等

第12回 国家的法益に対する罪①

公務員による犯罪 
・職権濫用罪
・賄賂罪等

第13回 国家的法益に対する罪②

公務を害する罪 
・公務執行妨害罪
・犯人蔵匿・証拠隠滅罪等

第14回 国家的法益に対する罪③

国家の存立を危うくする罪 
・内乱罪
・外患誘致罪等

第15回 まとめ

授業のまとめ