トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑法総論(概論)
   Criminal Law : General Part (Basic)
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 大場 史朗(准教授)
グレード G2
テーマ 刑法の世界へようこそ
キーワード 刑事実体法,日本国憲法,原理と原則,歴史研究
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1秋・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要 私たちの日常生活では、よく犯罪に関する報道がなされる。「誰が犯罪者なのか」、「誰が被害者なのか」、そして「どのような犯罪なのか」は、わたしたちの社会の重要な関心事となっている。この授業では、具体的な事例を取り上げながら、わたしたちに身近な犯罪と刑罰について考える。
履修条件 とくになし。
科目の位置づけ(DPとの関連) 刑法総論のスタンダード科目の学修を通して、以下の能力を涵養する。
(1)自由、平等、民主主義などの価値原理を体系的に理解している。
(2)多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身につけている。
(3)論理的な思考力、豊かな表現力および実践感覚を身につけている。
学修の到達目標 (1)日本刑事司法の特色とその問題点を理解できる。
(2)刑事実体法(総論)の基本概念を正確に理解できる。
(3)刑事実体法(総論)の現代的な論点を理解できる。
授業の方法 基本的には講義形式によるが、できるだけ双方向の講義を目指したい。場合により、パワーポイント等の視覚的資料を用いることがある。講義はレジュメを基にすすめる。
授業外の学修(予習・復習等) 一定の講義レベルを維持するために毎回の予習・復習が必要である。
テキスト・参考書 テキストはとくに指定しない。ただし、自分の感覚にあう刑法総論の体系書又は概説書を1冊購入することが望ましい。
『六法』(小型のもので可。ただし紙媒体に限る)を毎回持参のこと。
成績評価の基準・方法 期末試験(80%)及び授業への積極的参加度(20%)。なお、平常点に出席点は含まない。
試験の形式は講義中に指示する。
成績評価の一般的な基準は、(1)法学士を授与されるにふさわしい論理的かつ分析的な法的思考ができているか、(2)講義の内容を理解しているか、である。
この科目の履修にあたって 刑法という法律は、人間に対して刑罰を科すものであるため、理論的に精緻な学問である。刑法総論は、刑事法を学ぶ上でも基礎となるものであるが、その反面、抽象的な議論になりがちである。学修にあたっては、なるべく具体的な場面を頭の中にイメージすることで、理解がしやすくなるとおもわれる。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス・刑法総論の意義

ガイダンス
刑法の意義と方法

*受講生の理解度に応じて講義を進行するため、柔軟に授業計画を変更することがある。

第2回 刑法の歴史と犯罪体系論

刑法の歴史、犯罪論の体系とその内容、行為論と構成要件論など

第3回 因果関係論と不作為犯論

刑法上の因果関係と不作為犯

第4回 違法論(1)

違法性の意義、違法性阻却の意義、可罰的違法性の意義など

第5回 違法論(2)

正当防衛と緊急避難(1)

第6回 違法論(3)

正当防衛と緊急避難(2)

第7回 違法論(4)

法令行為、正当業務行為、被害者の同意など

第8回 責任論(1)

責任性の意義、責任阻却の意義、期待可能性の意義、故意論など

第9回 責任論(2)

錯誤論、事実の錯誤と法律の錯誤

第10回 責任論(3)

過失論

第11回 責任論(4)

責任能力論

第12回 未遂論

未完成犯罪、未遂犯、不能犯、中止犯など

第13回 共犯論(1)

共犯論の意義、共犯現象と共犯類型の意義、間接正犯など

第14回 共犯論(2)

共犯と身分、片面的共犯、承継的共犯など

第15回 共犯論(3)

共犯からの離脱、共犯の錯誤、過失と共犯など