トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 刑法総論(概論)
   Criminal Law : General Part (Basic)
授業科目区分
法学部専門教育科目・刑事法系
担当者 漆畑 貴久(客員准教授)
グレード G2
テーマ  刑法総論の学習
キーワード 刑法総論,犯罪と刑罰,構成要件,違法性,責任,未遂,共犯
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1秋
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要  この授業は、犯罪と刑罰に関する基本的な法律である刑法について、その基本的な枠組みとそれを基礎付ける考え方について学ぶことを予定しています。刑法は、有罪とされた人物のその後の人生に大きな影響を与える可能性が極めて高い法律であり、それをその人にあてはめるに際しては慎重な態度が求められるといわれています。こうした刑法という法律が社会に存在する意味について学修してもらうことを予定しています。
 授業の予定は授業計画に示したとおりですが、扱うテーマの重要度や受講生の理解の程度等の諸要因によって、一部変更する場合がありますので、予めご了承ください。
履修条件  特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  2015年度以降入学生向けの刑法総論の概論科目あり、学部基本科目です。
 本科目の単位の修得を前提とした発展科目として、2016年度以降には刑法Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが開講される予定です。総論あるいは各論に限定されない刑法学についてより深く学修をしたい方は、そちらの科目も履修して下さい。
学修の到達目標  刑法総論に関する以下の知識の習得を通して、刑事法学的な物事の考え方ができるようになることを、この授業の到達目標とします。
①刑法の意味について説明することができる。
②犯罪と刑罰との関係について説明することができる。
③刑法総論において示された犯罪成立のための要件を説明することができる。
④刑法総論において示される犯罪成立のための個別の要件から、どのような内容を考察しなければならないかを導き出すことができる。
⑤現代の社会において、なぜ刑法が必要と考えられるのかを、自分なりの言葉で説明することができる。
授業の方法  原則として講義方式で行いますが、適宜、受講者に対して発問をし回答を求めることがあります。
 授業に際しては、大学の授業支援システム(NICE PROTAL等)を通して、資料(レジュメ)を配布する予定です。受講者は、授業を聞きつつ、必要・重要と考えることを自身の判断で資料の空きスペース等にメモ書きする等の作業を行うようにして下さい。
授業外の学修(予習・復習等)  授業で使用する資料は、授業前に配布しますので、受講者は、あらかじめ資料を参照するとともに、教科書の該当部分を通読する等の作業を通して、予習をしておくようにして下さい。また、授業後は、授業で検討した部分について、資料、授業中に受講生各自が記したメモ書き、及び教科書の該当部分を改めて参照・確認して、復習をするようにして下さい。
テキスト・参考書 (テキスト)
設楽裕文編『信山社双書法学編法学刑法1総論』信山社(2010年)。

(参考書)
設楽裕文編『信山社双書法学編法学刑法3演習(総論)』信山社(2010年)。
その他、授業中に適宜紹介します。
成績評価の基準・方法  学期末に実施する試験(60%)、及び授業中に作成してもらうリアクションペーパー(40%)によって評価します(割合は、変更されることがあります)。リアクションペーパーは、毎回の授業後に提出を求めるわけではなく、5回程度の提出を予定しています。また、授業中の教員からの発問に対する回答を加点事由とすることがあります。
履修上の注意事項など  日常的に、報道等を通して、社会に関する事件・事故等に注意を払うようにしてみてください。
 受講態度が劣悪な受講生に対しては、退席、出席停止等の措置を採ります。
この科目の履修にあたって  授業を聞き、板書以外にも重要・必要と思うことを自分で判断して、ノートやプリント資料等にメモ書きする等、授業への能動的な参加が重要です。
オフィスアワー


第1回 刑法の意味

・刑法の意味
・刑法の目的
・刑法の機能

第2回 刑罰の種類とその目的

・刑罰の種類
・刑罰の目的

第3回 罪刑法定主義とその派生原則

・罪刑法定主義の根拠
・罪刑法定主義の概念
・罪刑法定主義の派生原則

第4回 刑法総論における「犯罪」の意味

・犯罪成立のための3要件


第5回 構成要件①

・行為
・結果

第6回 構成要件②

・因果関係


第7回 構成要件③

・主観的構成要件要素


第8回 違法性①

・法令行為
・正当業務行為
・その他の一般的な正当行為等

第9回 違法性②

・正当防衛
・緊急避難

第10回 責任①

・責任主義
・責任能力
・責任故意と責任過失
・期待可能性

第11回 未遂①

・既遂と未遂
・障害未遂と中止未遂

第12回 未遂②

・不能犯
・予備

第13回 共犯①

・共犯の意味
・共同正犯

第14回 共犯②、罪数

・教唆犯
・未遂犯
・罪数

第15回 まとめ

・授業のまとめ