トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法学Ⅲ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 澤野 義一(教授)
グレード G4
テーマ 憲法訴訟と憲法重要問題
キーワード 憲法訴訟,憲法重要問題
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  法科大学院(司法試験)、上級職公務員、法学研究職、教職などを目指す場合には、憲法の高度の知識と応用能力をもっていることが必要である。この授業は、そのための力を養うために、一つの柱は、憲法訴訟(判例)を素材として憲法の重要論点と考え方を学ぶ。もう一つは、最近の憲法政治の状況との関連で議論されている憲法の重要問題のいくつかを取りあげて、その理論的問題を学ぶ。
履修条件  憲法概論(総論)、憲法学Ⅰ(人権)、憲法学Ⅱ(統治)などを履修していること。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目の位置づけは、法学部の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。「1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している」こと。
 また、この科目は、法学部の教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムのなかでは、法律専門職コース(法科大学院・司法試験モデル、専門職公務員モデル、法学研究職モデル)と、公務員コース(教職モデル)の専門教育科目に位置づけられる。
学修の到達目標  上記の授業の目的で指摘したような能力を身につけることができるようになることが目標である。
授業の方法  特定のテキストは使用せず、配布プリントを使って授業を行う。憲法訴訟を扱う場合は、受講生は事前に判例等のプリントを読んで、自分なりの意見や疑問をもって出席することが前提になる。授業中に質問や討論も行う。
授業外の学修(予習・復習等)  基本書は事前に必ず読んでおくこと。復習は、論点整理や問題集に当たることが必要である。
テキスト・参考書  【参考書】 芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法(第6版)』岩波書店
       辻󠄀村みよ子『憲法(第5版)』日本評論社
       長谷部恭男ほか編『憲法判例百選Ⅰ・Ⅱ(第6版)』有斐閣
       その他、演習問題集など
成績評価の基準・方法  授業への積極的参加度で3割、中間試験で3割、期末試験で4割の割合で評価する。
履修上の注意事項など  上記の履修条件に指摘したこと。
この科目の履修にあたって  この授業の目的や科目の位置づけ、方法等をよく認識したうえで受講してください。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 ガイダンス

授業の概要説明

第2回 憲法訴訟①

平等権と家族関係

第3回 憲法訴訟②

平等権と選挙関係

第4回 憲法訴訟③

平等権と外国人の人権

第5回 憲法訴訟④

信教の自由と政教分離

第6回 憲法訴訟⑤

表現の自由と規制

第7回 憲法訴訟⑥

経済的自由と規制

第8回 中間まとめ

中間まとめ

第9回 憲法訴訟⑦

国の行為と違憲審査

第10回 憲法重要問題①

平和主義に関する政府見解と裁判

第11回 憲法重要問題②

国会の最高機関と唯一の立法機関性

第12回 憲法重要問題③

衆議院の解散制度

第13回 憲法重要問題④

地方自治権と住民投票

第14回 憲法重要問題⑤

憲法改正と国家緊急権

第15回 全体のまとめ

全体のまとめ