トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法学Ⅱ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 山本 健人(助教)
グレード G3
テーマ 日本国憲法における統治システム
キーワード 統治機構,選挙制度,立法権,行政権,司法権,地方自治,憲法改正
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  本講義では、日本国憲法の統治機構と呼ばれる分野について学習し、判例や学説を中心に、日本国憲法の基本的な考え方、及び、日本国憲法の予定している統治システムについての知識を習得することを目的とします。
 統治機構に関する基本的な知識を得た上で、近年注目されている統治機構や安全保障に関するの時事問題について理解を深めることも目的です。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この講義は、日本国憲法の統治分野について総合的に学習する科目です。
また、「自由、平等。民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する紀のん的専門知識を体系的に理解し」、「個人から国家に至るまで当事者間の間で発生する諸課題を理解し、法的知識・技能をもとにして、多様な価値観や利害関係に適した解決策を考える力を身に付ける」科目と位置付けられます。
学修の到達目標 この講義の到達目標は
①日本国憲法に基づく「日本」という国家の統治がどのような仕組みで行われているのかについて、その輪郭を理解し説明することが出来るようになること
②憲法の思考枠組みを用いて、時事問題について自分自身の考えを持てるようになること
授業の方法  講義形式で行う。
授業外の学修(予習・復習等) 講義を受け前にテキストの該当箇所を一読し、理解できた点と理解できなかった点を明らかにしておくこと
配布するレジュメや講義ノートを用いて復習を行うこと
テキスト・参考書 テキスト
・新井誠、曽我部真裕、佐々木くみ、横大道聡『憲法1 総論・統治』(日本評論社、2016年)

参考書
・芦部信喜『憲法〔第6版〕』(岩波書店、2015年)
・大林啓吾、白水隆編著『世界の選挙制度』(三省堂、2018年)
成績評価の基準・方法 期末試験(70%)、コメントペーパーなどの授業への積極的参加度(30%)
この科目の履修にあたって 日頃ニュースや新聞などで接している日本の政治を基礎づけている(憲)法について、学習することで、日本のという我々の暮らす国家がどのようなシステムのもとで統治されていて、主権者である私たちがどのようにして関わっているのか、そして、関わるべきなのか、について知り、考えていきましょう!
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

講義の進め方など

第2回 統治機構の基本原理

権力分立、法の支配、国民主権、デモクラシーについて

第3回 選挙①

選挙制度の基本原理と
日本及び諸外国の選挙制度設計(1)について

第4回 選挙②

日本及び諸外国の選挙制度設計(2)と
選挙権と憲法について

第5回 立法権①

立法権と国会の権能について

第6回 立法権②

国会議員の役割、二院制について

第7回 行政権①

議院内閣制の仕組み、行政権の定義について

第8回 行政権②

内閣の構成と権限について

第9回 司法権①

司法権の定義と限界について

第10回 司法権②

裁判所の構成について

第11回 財政・租税法律主義

財政に関する憲法問題について

第12回 地方自治①

地方自治の本旨及び地方自治の仕組みについて

第13回 地方自治②

条例制定権について

第14回 憲法秩序の変動

憲法を改正する方法及び意味について

第15回 まとめ

総復習講義