トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法学Ⅰ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 森 征樹(講師)
グレード G3
テーマ 人権保障の今日的課題
キーワード 精神的自由権,経済的自由権,社会権,受益権,法の下の平等
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目
2年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要  「立憲主義(Constitutionalism = 憲法主義)」とは「人権を保障するために権力を制限する憲法に基づいて政治を行うこと」である。
 では、日本国憲法では、どのような「人権を保障」しようとしているのか。また、その「人権」は実際の政治においてしっかりと「保障」されているのか。それらについての基本的知識と現状・問題点を学ぶ。
 これらは、法学部生として最低限修得しておくべきレベルのものである。
履修条件  特にないが、1年次に履修可能な入門科目および憲法概論を受講しておくことを推奨する。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、法学部の学部基本科目です。
学修の到達目標  現代の人権問題について、自分なりの考えを構築できるよう、基礎的な知識を身につける。最終的には、日々の「憲法問題」について、自分なりの答えを論理的に(説得力をもって)説明できるようになることを目指す。決して「暗記すること」が目標ではない。
授業の方法  講義形式で行う。適宜、時事問題を取り上げるので、授業計画は前後するかもしれない。
 毎回、こちらが提示する質問に答える形で、コメントカードを提出してもらう。書いてもらった内容については、次回講義時に取り上げる。
 Web(IT's class等)でレジュメ・資料を配布する。
授業外の学修(予習・復習等)  指定テキストを、とにかく熟読して欲しい。予習は必須ではないが、講義時に分からなかったところは、必ずテキスト・参考書・レジュメを用いて復習し、分からないまま放置しておかないこと。
テキスト・参考書 テキスト(必ず購入すること):
 渋谷秀樹・赤坂正浩『憲法1 人権〔第6版〕』有斐閣アルマ(2016年)。
参考書(復習・試験勉強に役立つもの):
 芦部信喜『憲法〔第6版〕』岩波書店(2015年)。
 辻村みよ子『憲法〔第5版』日本評論社(2016年)。
 長谷部恭男、石川健治、宍戸常寿(編)『憲法判例百選1・2』有斐閣(2013年)。    
成績評価の基準・方法 論述形式の期末試験(80%)、コメントシート・授業への積極的参加度(20%)。
詳しくは最初の講義時に説明する。
履修上の注意事項など  講義ではテキストでは得られない「旬な」話題を提供したいと思っている。やむを得ず講義を欠席してしまった場合などは、必ずその時間に講義で何をやったか(レジュメを入手したり、授業WEBを確認するなどして)情報を手に入れるようにすること。
 講義中における注意事項は、初回に説明する。
この科目の履修にあたって  憲法は他の法律科目と違い、どこか「遠い存在」に感じられるかもしれない。本講義を通じて、日常のちょっとした話題から、憲法の深い意味や意義を見出すことができるようになれば、自然と憲法が「近い存在」に感じられるはずである。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

単位認定基準について、定期試験について

第2回 人身の自由

移動の自由、奴隷的拘束からの自由、法定手続の保障、刑事手続の保障

第3回 社会的・経済的権利 (1)

生存権、教育権、労働権

第4回 社会的・経済的権利 (2)

職業の自由、財産権

第5回 受益権

国家賠償・刑事補償請求権、裁判を受ける権利

第6回 精神的自由権 (1)

思想・良心の自由

第7回 精神的自由権 (2)

表現の自由 (1)

第8回 精神的自由権 (2)

表現の自由 (2)

第9回 精神的自由権 (3)

信教の自由

第10回 精神的自由権 (4)

学問の自由、集会・結社の自由、家族形成の自由

第11回 新しい人権 (1)

幸福追求権の性格と範囲

第12回 新しい人権 (2)

プライバシー権、自己決定権

第13回 人権通則 (1)

人権の享有主体、人権の制約原理

第14回 人権通則 (2)

法の下の平等

第15回 まとめ

総復習講義