トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法学Ⅰ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 山本 健人(助教)
グレード G3
テーマ 人権・憲法上の権利の解釈
キーワード 人権,憲法上の権利,憲法解釈
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目
2年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要  この講義では、日本国憲法の人権分野について学習する。まずは、判例や学説を中心とした各権利についての基本的な知識を習得します。その上で、現代社会の中で大きな関心を呼んでいる人権に関わる問題の理解を深めることも目的とします。
 このような知識は、法学部生としてはもとより一般市民としても最低限修得しておくべきものといえます。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連)  この講義は、法学部の学部基本科目です。また、本講義は、「自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解」することに関わる。
学修の到達目標 この授業での主な到達目標は、次の2つです。
①日本国憲法が保障する各権利それぞれの性質について理解し、説明することが出来るようになること。
②憲法の思考枠組みを用いて、時事問題・社会問題について自分自身の考えを持てるようになること。
授業の方法  講義形式で行う。毎回レジュメ・資料を配布する。
授業外の学修(予習・復習等)  予習としては、指定テキスト又は参考書を、熟読すること。復習としては、配布したレジュメや講義ノートを見返して、授業内容が理解できているかを確認すること。
テキスト・参考書 テキスト
・新井誠、曽我部真裕、佐々木くみ、横大道聡『憲法II 人権』(日本評論社、2016年)

参考書
・芦部信喜『憲法〔第6版〕』(岩波書店、2015年)
・片桐直人、井上武史、大林啓吾『一歩先への憲法入門』(有斐閣、2016年)
・上田健介、尾形健、片桐直人『憲法判例50!』(有斐閣、2016年)
    
成績評価の基準・方法 期末試験(80%)、コメントシートなど授業への積極的参加度(20%)
この科目の履修にあたって  「人権」という言葉の意味については、小中高までの勉強で慣れ親しんでいると思います。しかし、「憲法上の権利」という言葉を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。本講義を通じて、日本国憲法が規定し、我々に保障する「憲法上の権利」について正確な知識を身に付けていきましょう!
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

単位認定基準について、定期試験について

第2回 人権と「憲法上の権利」・権利の享有主体

「人権」と「憲法上の権利」とはどう違うのかについて

第3回 生命・自由・幸福追求権

憲法13条の意義と機能について

第4回 平等

憲法上の権利としての「平等」とは何かについて

第5回 思想良心の自由

憲法19条の意義について

第6回 信教の自由と政教分離

憲法と宗教の関係について

第7回 表現の自由1——古典的問題

表現の自由を保障する意義や古典的問題について

第8回 表現の自由2——現代的問題

メディアやインターネットの発達した高度情報化社会における表現の自由の問題について

第9回 学問の自由

憲法23条を独立しておく意義や大学の自治について

第10回 経済的自由

職業選択の自由と財産権の意義について

第11回 適正手続き

刑事手続上の権利を中心に適切な国家権力の行使について

第12回 生存権

憲法25条の法的性格やその具体化について

第13回 教育を受ける権利・労働者の権利

憲法26、27、28条の意義について

第14回 公共の福祉・私人間効力

憲法上の権利の制約根拠や憲法上の権利の私人間への適用について

第15回 まとめ

総復習講義