トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法学Ⅰ
   
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 澤野 義一(教授)
グレード G3
テーマ 人権の基本問題と現代的課題
キーワード 人権の基本問題,人権の基本判例,人権の現代的課題
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目
2年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要  憲法学Ⅰは、人権分野を扱うが授業回数に制約があるため、人権の総論と各論のうち一般的に重要な基本的問題に限定して解説する。人権の総論としては、人権の歴史・類型、法の下の平等、人権の享有主体など、人権の各論としては、憲法15条以下の精神的自由、人身の自由、経済的自由の権利、社会権のなかの生存権などのほか、憲法規定にはない現代的権利の知る権利や環境権などである。
履修条件  特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目の位置づけは、法学部の学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当する。「1.自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解している」こと。
 また、この科目は、法学部の教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムのなかでは、学部基本科目に位置づけられる。
学修の到達目標  人権の基本的知識を身につけるとともに、現代的な人権問題についても、学説や基本判例の理解を通して妥当な解決策を見出すことができるようになることを目標とする。
授業の方法  指定テキストと配布プリントを使い、講義形式で行う。授業のフィードバックとしては、中間テストなどを行った場合には、優秀な答案を授業中に紹介し、解説する。
授業外の学修(予習・復習等)  予習としては指定テキストないし基本書(参考書)を事前に読むこと、復習としては授業で理解できなかった点を参考書などで確認すること、さらには問題集を解いて重要論点について理解を深めることがのぞまれる。
テキスト・参考書 [テキスト]
 澤野義一・小林直三編『テキストブック憲法(第2版)』法律文化社、2017年
[参考書]
 芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法(第6版)』岩波書店
 辻󠄀村みよ子『憲法(第5版)』日本評論社
 右崎正博・浦田一郎編『憲法判例1・憲法(第4版)』法学書院
 長谷部恭男ほか編『憲法判例百選Ⅰ・Ⅱ(第6版)』有斐閣
成績評価の基準・方法  論述式の期末試験で8割、授業中の中間テスト・レポートで2割の割合で採点する。
履修上の注意事項など  指定テキストないし基本書(参考書)を一冊は購入し、予習・復習の教材として日頃から読むことがのぞまれる。
この科目の履修にあたって  現実に起きている人権問題や人権に関する裁判などについて、日頃から新聞やニュースに関心もって接することがのぞまれる。
オフィスアワー 月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 人権の意義と歴史

授業概要の説明と、人権の性格・歴史・類型等の講義

第2回 法の下の平等①

平等権と判例

第3回 法の下の平等②

選挙権(参政権)

第4回 人権の享有主体

外国人、法人、未成年者等の権利

第5回 精神的自由権①

思想・良心の自由

第6回 精神的自由権②

信教の自由

第7回 精神的自由権③

学問の自由と教育を受ける権利

第8回 中間まとめ

中間まとめ

第9回 表現の自由

表現の自由の意義と制約

第10回 情報と人権

知る権利とプライバシー権

第11回 人身の自由

刑事手続きに関する人権

第12回 経済的自由権

営業の自由と財産権

第13回 社会権①

生存権と社会保障

第14回 社会権②

環境権

第15回 まとめ

全体のまとめ